close

2021.12.04

選手情報

錦織圭<一問一答>「まだまだできると思っている」とスポンサーイベントで語る

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真:ユニクロ

トップジュニアたちにテニスを指導した錦織

12月4日、錦織圭(日清食品/世界ランク47位)は都内でスポンサーイベント、「UNIQLO LifeWear Day 2021-テニスとサステナビリティ-with錦織圭」に参加。子供たちと触れ合い、トークセッションでは努力やあきらめないことへの大切さなどを語った。

【画像】スポンサーイベントに参加した錦織圭(写真27点)


イベントの第1部では、今井茂樹(公益財団法人日本テニス協会普及推進本部副本部長)さん考案のテニス風ゲーム「テニピン」を抽選で選ばれた子供たち30名と楽しみ、第2部で「サステナビリティについて考えよう」に参加。さらに第3部でジュニア選手とヒッティング、アドバイスを送ったのち、ポイントゲームも楽しんだ錦織。

イベント内では坂本正秀(ユニクロ)さんとトークショーも実施。その中で、自身も好きな言葉と語る「努力」することの大切さ、あきらめないことの大事さを説いた。その後、記者会見では、12月29日で32歳を迎えるものの、「まだまだ、まだまだできると思っている」と力強く語った。

以下はイベント内での一問一答である。

<坂本さんとのトークセッション>
Q錦織選手に3つのキーワードで、ジュニア選手たちの成長につながる話を聞き出せればと思います。一つ目のテーマは「努力」ですが、いかがですか?

錦織「努力しているのかどうかと言われると、その判断は神のみぞ知るというところなので、自分が努力しているのかはわからないですが、トップになるには、テニスでも会社でもそうですし、トップになるのは、どの職業も努力が必要。100%の力を注ぎ込むということは、どの職業でもいずれは必要になってくるので、それは意識しますね。自分でもトレーニングを欠かさない、練習を欠かさず毎日全力で取り組み、試合も全力で戦う。シンプルなことですが、毎日全力を注ぎ込みながらということは毎日やっています」

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP