close

2022.01.11

選手情報

前回女王・大坂なおみは第13シード、全豪OPが男女32シード選手を発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

連覇を狙う大坂なおみは第13シードに

1月11日、全豪オープンは男女32シードを発表。同大会で2度優勝していて、連覇を狙う大坂なおみ(フリー/世界ランク14位)は、第13シードになった。

【画像】全豪オープンが発表した男女全32シードをチェック

男子では、入国問題のあった前年王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア/同1位)が第1シードに。今大会では4年連続10回目を狙うとともに、史上最多となるグランドスラム通算21冠目を狙う。そして第2シードは、ダニール・メドベデフ(ロシア/同2位)に。両者は、昨年の全豪オープンとUSオープンの決勝で対戦している。

そして第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同3位)、第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ/同4位)が上位4シードに。ドミニク・ティエム(オーストリア/同15位)、ロジャー・フェデラー(スイス/同16位)がコンディションの問題で欠場となり、34位のアレックス・デミノー(オーストラリア)までシードに入った。

一方、女子では地元オーストラリアのアシュリー・バーティー(同1位)が第1シード。続いて第2シードにアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ/同2位)、第3シードにガルビネ・ムグルザ(スペイン/同3位)、第4シードにバルボラ・クレチコワ(チェコ/同4位)が上位4シードとなった。

カロリーナ・プリシコワ(チェコ/同5位)が右手のケガのため、ジェニファー・ブレイディ(アメリカ/同27位)が左足のケガのため、カロリーナ・ムホワ(チェコ/同32位)もコンディションの問題で欠場となり、同36位のサラ・ソリベス・トルモ(スペイン)までがシードに入った。

ドロー抽選会は1月13日に予定されていて、大会は17日に開幕。29日に女子シングルス決勝が行われ、最終日となる30日に男子シングルス決勝が行われる。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

Photo by Takeo Tanuma