close

2019.12.15

ギア情報

紙缶なのにプレッシャーボール 『トリニティ』初打ちしました!

話題のウイルソン『TRINITI(トリニティ)』
初打ちしました!

ボールといえば、缶やペット缶に入っているのが当たり前
でしたが、『トリニティ』⠀は紙のケースに入っています。
それなのに「プレッシャーボール」


まずそこに改めて「そうなんだよなぁ」と思いながら、
いきなり開け方をミステイク!
フタを開けるはずなのに、昔のスナック菓子的な開け方をしてしまいました…。

実際に打ってみます
結構ソフトな打球感です。
コアの部分が厚めなのでノンプレッシャーボールほどではないもののもっと硬めだったり重いかなと思いましたが。従来のプレッシャーボールとの「違和感はまったくない!」と言っていいかと思います。

2時間使ってみて、オムニコートだったり、スイング速度が…という条件もあるかもしれませんが、フェルトがキレイなことに驚きました。当然多少の汚れはありますが、エア抜けが少なく弾みも変わらないようなので、練習球としてはもちろん、2回目の使用でもニューボール的(試合用とかね)に使えそうですね。

長持ちするので、結果的に経済的かも。それでもって地球環境にもいいわけですから、一石二鳥ですね。


●メカニズムは下記をチェック
https://www.tennisclassic.jp/…/produ…/ball_triniti/1911.html

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真 テニスクラシック編集部

関連する記事RELATED