close

2022.01.23

選手情報

ナダルが14回目の準々決勝進出、技巧派マナリノとの左利き対決を制す[全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

激闘の第1セットを奪ったナダルがストレート勝利

1月23日、全豪オープン7日目、男子シングルス4回戦。第6シードのナダルとアドリアン・マナリノ(フランス/男子同69位)が対戦。第1セット、互角の展開となったが、タイブレークを16-14でナダルが奪取。流れをものにし、7-6(14)、6-2、6-2で勝利し、6年連続14回目の準々決勝進出を決めた。

【動画】ナダル対マナリノ全4回戦ハイライトをチェック

【写真】ナダル全豪オープン写真館(写真10点)

今大会で、単独1位となる21回目の通算GS優勝回数を狙うナダルは、昨年治療した左足にはまだ痛みがあると打ち明けている。一方、3回戦で第18シード、アスラン・カラツェフ(ロシア/同15位)を4時間38分の末に下して全豪オープンでは初、グランドスラムでは2018年ウィンブルドン以来となる4回戦進出を果たしているマナリノ。左利き同士の戦いは非常に見応えある試合となった。

オープンコートに強打を打ち込んでいくナダルに対して、小さなテイクバックでコースを隠しながら、低く速いショットを広角に放つマナリノ。第1セットは、キープが続いていく。第11ゲーム、両者通じてこのセット初のブレークポイントをマナリノが迎えるが、ナダルはあと1ポイントを許さない。

タイブレーク、ファーストポイントでミニブレークを奪われたナダルだが、スーパーパッシングショットを決め、などで逆に2つ決め返して6-5とセットポイントを握る。しかし、ここでマナリノがミニブレーク。逆に8-7とセットポイントを握るが決められず。ミニブレークを奪ってもすぐに奪い返す、互いに譲らぬまま進んでいくと、ナダルが7-6(14)でセットを奪取する。なんと第1セットだけで1時間21分、タイブレークだけで28分40秒を費やしている。

ロングセットを落とした代償は大きかったか、第2セット、マナリノは素晴らしいコントロールを見せていたショットにミスが出て第1、第5ゲームでブレークされ、第2セットも2-6で落とす。

第3セット第1ゲームでまたもリードを奪われたマナリノ。続くゲームで0-40とチャンスを作ると、ナダルがダブルフォールト。この試合初めてブレークに成功するが、これが最後の反撃だった。ナダルは第3ゲーム、第5ゲームとブレークして6-2。第1セットの激闘をものにしたナダルが、そのままストレート勝利を果たした。

6年連続14回目の準々決勝進出を決めたナダルは、オンコート・インタビューで「第1セットは、何が起きてもおかしくなかった。彼のショットはフラットで、コントロールが難しかった。それでも切り抜けられてよかったよ。相手が強すぎたこともあったけど、この大会では良い結果を出してこられた。準々決勝に進めてうれしいよ」と答えている。

続く準々決勝では、第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同3位)に勝利した第14シードのデニス・シャポバロフ(カナダ/同14位)と対戦する。



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP