close

2022.01.27

選手情報

国枝慎吾、2年ぶり11度目の全豪制覇! ヒュウェットとのフルセット勝負に競り勝つ [全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

国枝慎吾、第3セットでライジングショットで相手の時間を奪って試合を優位に運ぶ

1月27日、全豪オープン11日目、車いすテニス男子シングルス決勝。第1シードの国枝慎吾(ユニクロ/世界ランク1位)は、第2シードのアルフィー・ヒュウェット(イギリス/同2位)と対戦。7-5、3-6、6-2で勝利し、2年ぶり11度目の優勝を決めた。

【動画】国枝慎吾、11度目の優勝を決めた瞬間をチェック

両者はこれまでに25回対戦。国枝は13勝12敗とリードしている。前哨戦のメルボルン車いすテニスオープンでは決勝で対戦したものの、第1セット4-4となったところで国枝がコンディションの問題で棄権している。

第1セット第2ゲーム、リターンから好ショットが続いた国枝がブレークに成功。3-0とするが、第5ゲームでブレークバックを許すことに。さらに4オールで迎えた第9ゲームも奪われてしまうが、ここで国枝がさらにギアを上げる。低く速いフラット系のショットで攻めていって、第10ゲームでブレークバックに成功。さらに第12ゲームでも、オンラインのボレーなど、攻めのショットがコート深くに決まってブレークし、7-5でセットを先取する。このセット、国枝はヒュウェットより5本多い21本のウィナーを決めている。

第2セット、ヒュウェットは、サイドライン上に決まるダウン・ザ・ラインなどのショットの精度がアップ。国枝は第1ゲーム、第3ゲームとブレークして、0-4とされる。

第5ゲーム、国枝はアングルへのドロップショット、ロブなど好ショットが続いてこのセット初キープに成功。すると続くゲーム、サービスライン近くまで出てリターンを放ってウィナーを奪うなどでブレークバックする。しかし、ここからブレークし合う形となり、3-6で第2セットを落とした。

ここで両者トイレットブレークを取り、勝負の第3セットに気合いを入れ直す。第1ゲーム、国枝は攻撃的なリターンでポイントをリードすると、ラブゲームでブレークに成功。続くサービスゲーム、相手のバック側にボールを集め、ラブゲームでキープに成功。2-0とする。

第4ゲーム、0-30とポイントリードされるが、ロングラリーをものにして追いつき、キープに成功。ブレークバックを許さない。14時の時点で、メルボルンの気温は33度。ポイント間に肩で息をする姿も見られたヒュウェットのショットが甘くなり、第5ゲームでも国枝はブレークに成功。4-1とする。

一方、高い集中力を維持し、疲れを見せない国枝は、さらにテンポの速いテニスを展開。ライジングショットを次々と放ち、ヒュウェットの時間を奪って第6ゲームをキープ。5-1で迎えたサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップ、ヒュウェットも意地を見せてロングゲームとなる。ブレークポイントも握られるが、そこを凌いでチャンピオンシップ・ポイントを迎えると16ポイント目、中に入ってフォアハンドをコート深くに打ち込むとヒュウェットの返球がオーバーとなって6-2。2年ぶり11度目の全豪シングルス優勝、そしてグランドスラム通算47勝目(うちダブルス21勝)を決めた。



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら




無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP