close

2022.01.26

選手情報

上地結衣/シューカー、追い上げるも東京パラ金ペアにあと一歩及ばず準優勝。フルセットの接戦で敗れる[全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

上地結衣/シューカー、追い上げるもあと一歩及ばず準優勝

1月26日、全豪オープン10日目、車いすテニス女子ダブルス決勝が行われ、第2シードの上地結衣(三井住友銀行/ダブルス世界ランク3位)/ルーシー・シューカー(イギリス/同4位)は、東京パラリンピック金メダリストで第1シードのディーデ・デグロート(オランダ/同1位)/アニーク・ファンクート(オランダ/同2位)と対戦。5-7、6-3、[2-10]のフルセットで敗れ、上地にとって2年ぶり6度目の全豪ダブルスタイトル獲得とはならなかった。

【動画】上地結衣/L.シューカーと東京パラ金ペアの激しいラリー戦&マッチポイント

第1セット、互いにサービスキープをして迎えた第7ゲームでブレークポイント握った上地/シューカー。62本のラリーの末にデグロートのフォアハンドがネットし、最初のブレークに成功する。

だが、デグロート/ファンクートも弾道の高いボールでチャンスボールを引き出すと、パワフルなストロークで応戦する。上地/シューカーのサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームで追いつくと、第12ゲームもブレーク。上地/シューカーは逆転で第1セットを落とした。

続く第2セット、第1ゲームでリードを奪った上地/シューカーは、第3ゲームでもデグロートのサーブを破って4ゲームを連取。途中、追い上げられる場面もあったが、リードを守り切って試合は10ポイントマッチタイブレークへ持ち込んだ。

その10ポイントマッチタイブレーク、開始からデグロート/ファンクートの積極的な攻撃を受け止めることができなかった上地/シューカー。9連続ポイントを許し、フルセットで敗れた。

※ランキングは1月17日付のもの



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/440万豪ドル(約3.7億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP