close

2022.01.30

選手情報

【速報】メドベデフが第2セットを7-6(5)で連取、優勝まであと1セットとする [全豪オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

メドベデフがセット連取で優勝に王手

1月30日、全豪オープン最終日の男子シングルス決勝、第2シードのダニール・メドベデフ(ロシア/同2位)は第6シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク5位)と対戦。3-5で迎えたナダルのサービング・フォー・ザ・セットでブレークバックしたメドベデフ。タイブレークに持ち込むと、7-6(5)で第2セットも奪取。優勝まであと1セットとした。

【動画】ナダルのスーパードロップショットをチェック

2年連続の決勝進出となったメドベデフは、GS初優勝を果たした昨年のUSオープンに続いての優勝を目指す。一方、2009年以来の全豪タイトル、史上最多となる21度目のグランドスラム優勝回数を目指すナダル。対戦成績は、ナダルが3勝1敗でリードしているが、最後の対戦は2020年のNitto ATPファイナルズ。ここでは、メドベデフが-3-6、7-6(4)、6-3で勝利している。

試合はコイントスに勝ったナダルのサーブからスタート。いきなりデュースとなるが、キープに成功する。一方、メドベデフはサーブでナダルを崩してキープ。まずは両者キープのスタートとなる。ラリーでナダルのバック側に集めるメドベデフ。すると、ナダルサーブの第3ゲーム、2度ブレークポイントを迎えたが、短いスライスでミスを誘うとフォアハンド・ウィナーを決めてキープに成功する。しかし、第5ゲームで0-40とまたもピンチに。ここでメドベデフにリターンを深く打たれて、返球がオーバー。メドベデフがブレークに成功する。

早めに取り返したいナダルだが、メドベデフはファーストサーブが好調。チャンスを握らせない。逆にナダルは、ファーストサーブの確率が上がらず。第7ゲームでもブレークされ、メドベデフが第1セットを6-2で奪取した。

第2セットに入ってもファーストサーブの確率が上がらないナダル。それでも、なんとかキープしていくと、第4ゲーム、40本に及ぶロングラリーをドロップショットで決めて15-40と初めてブレークチャンスを握る。続く1本は凌がれたものの、メドベデフのミスでブレークに成功。3-1とする。

第7ゲーム、メドベデフにブレークバックを許したが、続く第8ゲーム、ナダルはリスクを犯してショットを放っていくと、再びブレークに成功。5-3としてサービング・フォー・ザ・セットを迎えたが、なんとここでブレークバックされてしまう。

そのまま、タイブレークに突入。2本ずつミニブレークを奪い合ったまま進み、6-5でメドベデフがセットポイントを握ると、12ポイント目、ネットに出たナダルにパッシングショット! これが決まって7-6(5)でセットを連取した。



■全豪オープン2022
日程/2022年1月17日(月)〜30日(日)
開催地/オーストラリア・メルボルン:メルボルンパーク
賞金総額/7,500万豪ドル(約62.7億円)
男女シングルス優勝賞金/287.5万豪ドル(約2.3億円)
サーフェス/ハード
試合球/「ダンロップオーストラリアンオープン」

【特集】全豪オープン2022の記事はこちら

【関連記事】US王者メドベデフ、チチパスを下し2年連続の決勝進出! 21度目のグランドスラム優勝狙うナダルと対戦 [全豪オープン]

【関連記事】ナダル、史上最多21度目のグランドスラム優勝へあと1勝! ベレッティーニ下して3年ぶり6度目の決勝進出[全豪オープン]


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP