close

2022.02.01

選手情報

ティエム、右手のケガで約7ヵ月ぶりの復帰戦欠場「指の間に軽いケガ。靭帯を捻ってしまいました」[コルドバ・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

来週のアルゼンチン大会が復帰戦となる可能性

2月1日、ATP250コルドバ・オープン(アルゼンチン・コルドバ)で復帰予定だった元USオープン王者のドミニク・ティエム(オーストラリア/世界ランク37位)が、右手の故障のため、欠場をすると発表した。

【動画】大会が投稿したティエムのメッセージ動画

【動画】シュワルツマンとサッカーを楽しむティエム

同日、大会はSNSでティエムの動画を公開。その中で、ティエムは「皆さん、こんにちは。大変申し訳ありませんが、コルドバ大会の欠場を発表させていただきます。数日前、指の間に軽いケガ、靭帯を捻ってしまいました。大きな問題ではないのですが、手に痛みを感じること、練習不足もあって、欠場することにしました。コルドバでは、とても温かく迎えていただき、ありがとうございました」と語っている。





1月30日に行った練習中ではテーピングがないものの、練習終わりには右手人差し指と中指にテーピングをしており、同日の練習で痛めてしまったのかもしれない。
ティエムは、来週2月7日から開催のATP250アルゼンチン・オープン(アルゼンチン・ブエノスアイレス)にもエントリーしており、問題が解消されれば同大会で復帰となる見込み。

ティエムは昨年6月のATP250マヨルカ大会で右手首を負傷。8月、復帰のための練習を再開したものの、ケガが再発してしまい、USオープンの欠場および今季終了を宣言した。その後、12月中旬に行われたアラブ首長国連邦でのエキジビションマッチで復帰予定だったが、“最高レベルで戦う準備ができていない”として欠場。全豪オープンも欠場となり、コルドバ・オープンで復帰予定だった。

【関連記事】ティエム、全豪OP欠場を発表「良い形で復帰するには、これが正しい判断」。復帰を1月末に先延ばし

【関連記事】ティエム、ATPカップとシドニー大会を欠場「早すぎる復帰でリスク取りたくない」

【関連記事】ティエム、強力な味方をつけて来シーズンへ「限界まで追い込んでくれる」


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP