close

2022.02.20

選手情報

<女子> 橋本総業HDが前回覇者を下し2大会ぶりの決勝へ! 初の決勝進出を果たしたノアインドアステージと対戦[テニス日本リーグ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

決勝で橋本総業HDとノアインドアステージが対戦

2月19日、「第36回テニス日本リーグ」の決勝トーナメント(2月18日~20日/東京・渋谷区/東京体育館)2日目、女子は準決勝と5・6位決定戦が行われた。

【画像】決勝トーナメント&ブロック別リーグ成績表

この日行われた準決勝は、前回大会覇者の島津製作所(ブルーブロック1位)と2大会ぶりの優勝を狙う橋本総業HD(ブルーブロック2位)、リーグ戦を全勝で通過したノアインドアステージ(レッドブロック1位)と前回大会準優勝の明治安田生命(レッドブロック2位)の対戦となった。

リーグ戦で島津製作所に敗れている橋本総業HDだったが、シングルス2で小堀桃子が加治遥にフルセットで勝利すると、シングルス1でも秋田史帆が世界ランク133位の本玉真唯に逆転勝利。ダブルスでも瀬間詠里花/森崎可南子が白星を挙げ、2018年大会以来となる決勝にコマを進めた。

もう一つの準決勝となったノアインドアステージと明治安田生命の試合では、シングルスではどちらも譲らず1勝1敗。勝負のダブルスで、ノアインドアステージの塩谷夏美/横山菜里がストレート勝ちを収め、初の決勝進出を果たした。

5位・6位決定戦では、リコー(ブルーブロック3位)が九州電力(レッドブロック3位)を下している。

テニス日本リーグはシングルス2試合、ダブルス1試合の計3試合で争うチーム対抗戦。男子リーグは全18チームで争われ、1stステージと2ndステージで2つのブロックに分かれての総当たり戦を行い、各ブロック上位4チーム計8チームが東京体育館で開催される決勝トーナメントに進出する。

なお、昨年は新型コロナウイルスの影響で大会が中止。今大会は2年ぶりの開催となり、無観客で行われている。

■2月19日の試合結果
【準決勝の試合結果】
<島津製作所 0 vs. 3 橋本総業HD>
S1 本玉真唯 6-4 6(3)-7 [8-10] 秋田史帆
S2 加治遥 3-6 6-4 [4-10] 小堀桃子
D 桑田寛子/大前綾希子 5-7 4-6 瀬間詠里花/森崎可南子

<明治安田生命 1 vs. 2 ノアインドアステージ>
S1 金山晴菜 0-6 1-6 上田らむ
S2 足立真美 6-2 6-4 中塚桃子
D 田元志歩/米原実令 3-6 3-6 塩谷夏美/横山菜里

【5・6位決定戦の試合結果】
<九州電力 0 vs. 3 リコー>
S1  宮原三奈 6-3 2-6 [6-10] 金井綾香
S2  今村凪沙 7-5 3-6 [8-10] 板谷里音
D  池田紗也/円本彩央里 2-6 2-6 入江真子/高橋玲奈

■2月20日の試合予定
【決勝】
橋本総業HD vs. ノアインドアステージ

【3位決定戦】
島津製作所 vs. 明治安田生命

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=山岡邦彦 Photos by Kunihiko Yamaoka

注⽬の記事PICK UP