close

2022.03.04

選手情報

錦織圭がデ杯日本チームへの応援を呼びかけ「出場する選手の応援をよろしくお願いします」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

日本時間5日1時、いよいよ対戦がスタート

3月4日、錦織圭(フリー/世界ランク42位)はスポンサーのJALのSNSを通じて、男子国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」の予選「日本 vs. スウェーデン」(スウェーデン・ヘルシンボリ/室内ハード/3月4~5日)に出場する日本チームへの応援を呼びかけた。

【動画】錦織圭の応援メッセージはこちら

投稿された動画で錦織は「こんにちは、今週金曜日と土曜日、スウェーデンでデビスカップファイナル予選があります。日本対スウェーデン戦です。まだ僕自身はリハビリ中なので大会に参加することはできませんが、デビスカップファイナル進出に向けて、出場する選手の応援をよろしくお願いします。皆さんの熱い声援が力になると思うので、ぜひお願いします」と呼びかけている。

昨日の組み合わせ抽選会の結果、日本はシングルスにダニエル太郎(エイブル/単101位)、綿貫陽介(フリー/単267位)、ダブルスにマクラクラン勉(イカイ/複35位)と内山靖崇(積水化学工業/複329位)を起用した。

対するは、過去7度の優勝を誇り、昨年のファイナルズでグループステージを突破して、ベスト8入りを果たしているスウェーデン。シングルスに、2月のATPツアーで兄弟揃ってベスト4入りしたエリアスとミカエルのイマー兄弟の起用を発表している。

両国は1981年に対戦しており、スウェーデンが5-0で勝利。今回は41年ぶりの対戦となる。

24ヵ国で争われる予選は、第1日にシングルス2試合、第2日にダブルス1試合とシングルス2試合が行われ、3勝した国が勝利。今回の予選を勝利した12ヵ国と前回大会で決勝に進んだ2ヵ国、ワイルドカード2ヵ国の計16ヵ国で、9月に開催されるファイナルズ グループステージを戦う。

<デビスカップ by Rakuten ファイナルズ予選日本 vs. スウェーデンの試合予定>

■第1日:3月4日(金)17時(日本時間5日1時)試合開始
第1試合 綿貫陽介(単267位) vs. ミカエル・イマー(単85位)

第2試合 ダニエル太郎(単101位) vs. エリアス・イマー(単133位)

■第2日:3月5日(土)13時(日本時間21時)試合開始
第3試合 マクラクラン勉(複35位)/内山靖崇(複329位) vs. アンドレ・ゴランソン(複68位)/ドラゴス・ニコラエ・マダラス(複568位)

第4試合 ダニエル太郎 vs. ミカエル・イマー

第5試合 綿貫陽介 vs. エリアス・イマー

※デビスカップのルールにより第2日は、試合数ならびに試合形式が変更となる場合あり

試合配信(無料)/WOWOWテニスワールド(https://www.wowowtennisworld.jp/online_event/?utm_source=tw_ttd&utm_medium=social&utm_campaign=wtw_event_top0305)

【関連記事】ダニエル太郎、綿貫陽介が初日に登場! 敵地スウェーデンでの戦いにダニエル「観客がいるホーム&アウェイは久しぶりで楽しみ」[デビスカップ]

【関連記事】ダニエル太郎がデ杯チームの写真を公開「金曜日から対スウェーデンの準備 順調にチームとできてます!」

【関連記事】テニスの統括団体、ロシアとベラルーシ選手のツアー&グランドスラム出場認めるも国名・国旗表示せず。チーム戦も不参加に


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ

注⽬の記事PICK UP