close

2022.03.23

大会情報

第44回全国選抜高校テニス大会2日目、団体戦では前回上位校が登場し、波乱も起こる

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:全国選抜高校テニス大会

大会3日目、個人戦もスタート

3月22日、「大正製薬リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会」は、団体戦2日男女各16対戦が行われた。

【表】「全国選抜高校テニス大会」3月22日団体戦結果&個人戦組み合わせをチェック

男女ともに本日からシード校が登場。男子では前回優勝の相生学院が5勝0敗、同準優勝の湘南工科大附が4勝1敗と前回大会上位校が勝ち上がる中、前回ベスト4の名古屋経済大市邨が、岡山理大附に3勝2敗で敗戦となっている。
一方、女子でも前回優勝の四日市商、同準優勝の岡山学芸館、同ベスト4の松商学園、仁愛女子が勝利して3回戦に進出。団体戦3日目は、より激しい戦い展開されることになりそうだ。

また明日23日より、福岡県営春日公園テニスコート、博多の森テニス競技場にて個人戦がスタートする。
これまで同様に、優勝すればUSオープンJr.予選ワイルドカード(主催者推薦)、および日韓中ジュニア交流競技会への出場権が得られるうえ、大会直前に発表されたとおり、成績優勝者男女各1名に大正製薬リポビタン全日本テニス選手権」予選ワイルドカードが与えられるだけに、選手たちもより気合いが入るはず。どんな戦いが繰り広げられるか、注目である。

【関連記事】第44回全国選抜高校テニス大会が開幕、団体戦1日目が行われる

【関連記事】全国選抜高校テニス大会、個人戦成績優秀者に全日本選手権予選ワイルドカードが与えられると発表

【関連記事】全国選抜高校テニス大会、団体戦組み合わせが決定、大会は3月20日から開催予定


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP