close

2022.04.20

選手情報

ナダルは「マドリード大会に『YES』と言っていたよ」と叔父トニ氏が明かす

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

肋骨の疲労骨折から復帰を目指す“ラファ”

現地4月19日、ラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク4位)の元コーチで叔父のトニ・ナダル氏が、地元テレビ局の取材に対して、ラファエルがマドリード・オープンに出場すると明かしたと英「エキスプレス」が伝えている。トニ氏は現在、フィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ/同9位)のコーチを務めている。

【写真2点】ナダルが 4週間ぶりにボールを打った姿

ATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会後、“肋骨の1本が疲労骨折”と判明し、全治4~6週間とSNSで発表したナダルは、現地4月18日に「今日、4週間ぶりにテニスコートに入った。初の軽いトレーニング。コートに戻るのがとても楽しみだよ」と練習を再開したことを報告している。

コーチとしてナダルの数々のタイトルを間近で見てきた叔父のトニ氏は「彼は僕に『イエス』と言っていたよ。それから、我々は見ることになる」と語ったという。

ナダルは、休養のため過去12度の優勝を誇る「バルセロナ・オープン・バンコ・サバデル」(スペイン・バルセロナ/ATP500)を欠場。順調にいけば「ムチュア・マドリード・オープン」で復帰し、翌週の「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/ATPマスターズ1000)と合わせて、13度優勝している全仏オープンに向けての調整を行うのではと言われていた。

【関連記事】療養中のナダルが、トレーニング再開を発表「4週間ぶりにテニスコートに入った」

【関連記事】ナダルが肋骨骨折で最長6週間離脱「せっかく良いスタートを切ったのに、ショックで悲しいです」

【関連記事】ナダル、ヤジを受けた大坂に同情も「僕たちは逆境に備える必要がある」。大坂には「順調に回復することを祈っている」とエール

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP