close

2022.04.27

選手情報

新世界No.1シフォンテク、右肩の故障でマドリード大会欠場

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

4大会連続優勝中のシフォンテクが故障で欠場に

4月27日、女子世界ランク1位のイガ・シフォンテク(ポーランド)が、右肩の故障のため、今週開催の「ムチュア・マドリード・オープン」(4月28日〜5月7日/スペイン・マドリード/WTA1000)を欠場した。

【写真3点】前日マドリードでサッカースタジアムを見学していたシフォンテク

3月23日に全豪オープンを制し、グランドスラム3勝目を挙げたアシュリー・バーティ(オーストラリア)が引退を発表したことで、4月4日更新のWTAランキングで新世界No.1となったシフォンテク。

2月の「カタール・トータルエナジー・オープン」(カタール・ドーハ/WTA1000)、3月の「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/WTA1000)を制すると、「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/WTA1000)ではセットを落とさずに優勝。その後、4月14日〜15日に行われた女子国別対抗戦「ビリー・ジーン・キング・カップ(旧フェドカップ) by BNPパリバファイナル予選」でポーランド代表として2勝をあげると、「ポルシェ・テニス・グランプリ」(ドイツ・シュツットガルト/WTA500)でも優勝を果たして、カタール大会から4大会連続優勝、連勝記録を23に伸ばしていた。

右肩の状態については、情報はないものの、現地27日に行われる記者会見で状態が明らかになると思われる。

ドロー(組み合わせ)上、第1シードのシフォンテクの位置に、第17シードのレイラ・フェルナンデス(カナダ/同20位)が入り、フェルナンデスの位置には予選通過者かラッキールーザーが入ると発表されている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男