close

2022.05.02

選手情報

ナダル、ウィンブルドンのエントリー拒否に意見、「とても不公平なこと」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

「選手たちが何らかの決断を下すかどうかを見てみよう」と語ったナダル

現地5月1日、「ムチュア・マドリード・オープン」(スペイン・マドリード/ATPマスターズ1000)に出場するラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク4位)が記者会見に臨み、ウィンブルドンが下したロシア、ベラルーシ両国選手のエントリー拒否について「とても不公平なことだと思う」と意見を述べた。

【動画】“とても不公平”と語ったナダルの記者会見の様子

今シーズン、ナダルは全豪オープンで男子史上最多21度目のグランドスラム優勝を果たすと、その後も白星を重ね、シーズン開幕から20連勝。ATPマスターズ1000インディアンウェルズ大会の決勝では、テイラー・フリッツ(アメリカ/同13位)に敗れたものの、3大会連続優勝を果たした。しかし、同大会で肋骨を疲労骨折して休養。今大会でツアー復帰となる。

ウィンブルドンのエントリー拒否について意見を求められたナダルは、「ロシアのテニス仲間に対して、とても不公平なことだと思う。今、戦争が起こっているのは彼らのせいではないからね。そういう意味では、彼らに申し訳ないとも思っているが、これが私たちの現状だ」とコメント。

さらに、「この数週間で、選手たちが何らかの決断を下すかどうかを見てみよう。今回の場合、政府は勧告をしただけ。ウィンブルドンは思い切った決断を取ったが、政府に強制されたものではないわけだ。ATPは、プレーヤーと大会の組織であり、グランドスラムは入っていない。しかし、ATPで得られるポイントは多くはない。(優勝したら)2000ポイントは、本当に重要だから、私たちは行くわけだ。だから私たち選手がどんな対策を講じるだろうか? いずれにせよ、彼ら(ロシア、ベラルーシの選手)にとっては非常に不公平であることは確かだし、彼らは今、非常に複雑な状況下に置かれている。とはいえ、ウクライナで多くの人々が死に、苦しんでいる状況の中で、私たちのスポーツで何が起ころうが、たいしたことではない」と選手たちが何らかの決断を下す可能性があると語っている。

4月20日、ウィンブルドンが公式サイトを通じて、今年の大会においてロシアとベラルーシ選手のエントリー拒否を発表して以降、テニス界ではATP(男子プロテニス協会)とWTAだけでなく、選手も同大会の決断を批判。男子世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は「クレイジーだ」と語り、同8位でロシアのアンドレイ・ルブレフは「完全な差別だ」とも非難している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP