close

2022.04.21

選手情報

ウィンブルドンのロシア、ベラルーシ選手のエントリー拒否決定を受けてATP、WTAが声明“合意違反に当たる”

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

WTAは何らかの措置が取れるかを検討と発表

4月21日、ATP(男子プロテニス協会)、WTA(女子テニス協会)は、ウィンブルドンが発表した2022年大会でのロシア人、ベラルーシ人のエントリー拒否を受けて声明を発表。共に決定の非難を表明した。

【画像】世界2位のメドベデフらに影響…男女世界ランク150位以内のロシアとベラルーシ選手リスト

「一方的な決定は不当であり、このスポーツに有害な前例を作る可能性があると考えます」と綴ったATPは、「国籍に基づく差別は、選手のエントリーがATPランキングのみに基づくとするウィンブルドンとの合意への違反に当たります」とウィンブルドンの判断は合意違反に当たると主張。

WTAも同様に「WTAの基本原則は、個々の選手が実力に基づいて、いかなる差別もなくプロテニス競技に参加することができるということです。この原則は、私たちのルールに明示的に規定されており、AELTC(オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ)とLTA(ローンテニス協会)の両者もこれに同意しています」と綴っている。さらに「WTAは、この決定について、次のステップとどのような措置が取れるかを検討する予定です」と何らかの行動を取る可能性があると表明している。

ロシアのウクライナ侵攻を受けて、サッカーやバレーボール、体操など多くの競技でロシア排除がなされている。スポーツのトラブルを裁くスポーツ仲裁裁判所(CAS)に対し、ロシアの各競技団体が参加禁止の解除を求めて訴えを起こしているものの、ことごとく提訴を却下している。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP