close

2022.04.21

選手情報

ウィンブルドンがロシアとベラルーシ選手のエントリー拒否を正式発表。「ロシア政権が利益を得ることは容認できない」と声明

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

ウィンブルドン「遺憾の意を込めてエントリーを拒否する」

4月20日、テニスのグランドスラムの一つであるウィンブルドン(イギリス・ロンドン)は、6月27日から行う今年の大会からロシア人とベラルーシ選手の出場を拒否すると正式に発表。ロシアの行為を非難するとともに、同国選手が出場することによってロシア政権が利益を得ることは容認できないとした。

【画像】世界2位のメドベデフらに影響…男女世界ランク150位以内のロシアとベラルーシ選手リスト

ウィンブルドンは公式サイトを通じて、ロシアとベラルーシ選手について、「不当かつ前例のない軍事的侵略の状況において、ロシアまたはベラルーシの選手が大会に参加することで、ロシア政権が何らかの利益を得ることは容認できない。したがって、我々は深い遺憾の意を込めて、2022年大会へのロシアおよびベラルーシの選手のエントリーを拒否するつもりだ」との声明を発表。

一つのスポーツ機関として、イギリス政府が定めたガイダンスに従うとともに、同大会の影響度を考慮してロシアの世界的影響を制限しようとする政府や各団体に追従すると決断した。

また、ウィンブルドンを運営するAELTC(オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ)の会長を務めるイアン・ヒューイット氏は、次のようにコメント。

「我々は、この件で影響を受けた選手にとって辛いものであることを認識し、ロシア政権の指導者の行動のために彼らが苦しむことを悲しく思う。我々は、イギリス政府の指導のもと、代替手段を慎重に検討したが、大会の注目度の高さやロシア政権の宣伝にスポーツを利用させないことの重要性、市民と選手(家族を含む)の安全に対する幅広い懸念から他の方法で進行することは不可能であると考えた」と述べ、「現在から6月までの間に状況が大きく変化した場合、我々は検討して対応する」とした。

なお、イギリスのテニス協会であるLTA(ローンテニス協会)もウィンブルドンと同様に、主催大会においてロシアとベラルーシ選手のエントリーを拒否。イギリスで行われるウィンブルドン前哨戦にも出場することができなくなった。

2月24日に始まったロシアのウクライナ侵攻に対し、テニスの主要団体は、3月初めにロシアとその協力関係にあるベラルーシの選手に対する措置を発表。ロシアでの大会中止や国名・国旗の使用中止をしたが、ツアー大会には中立の個人として出場が許されてきた。

だが、今回のウィンブルドンの決断により、エントリーすらできず。男子世界ランク2位のダニール・メドベデフや同8位のアンドレイ・ルブレフ、女子世界ランク4位のアリーナ・サバレンカ、同15位のアナスタシア・パブリチェンコワらが影響を受けることとなりそうだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP