close

2022.05.16

選手情報

錦織圭は10ランク落とした84位、西岡良仁が94位に。ジョコビッチが今季初優勝で1位をキープ 5/16付ATPランキングが発表

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ジョコビッチが6度目のローマ大会制覇で1位をキープ

5月16日、ATPは世界ランキングを更新。錦織圭(フリー)は10ランクを落とした84位、西岡良仁(ミキハウス)も3つ落として94位、ダニエル太郎(エイブル)が105位となった。

【画像】ATPランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

前週行われた「BNLイタリア国際」(イタリア・ローマ/ATPマスターズ1000)では、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が全試合ストレート勝利で今季初タイトルを獲得。準々決勝で敗れると1位から陥落していたが、踏みとどまり王者のまま全仏オープンを迎えそうだ。また、決勝を戦ったステファノス・チチパス(ギリシャ)がラファエル・ナダル(スペイン)を抜いて、4位に浮上した。

そのナダルは、左足に慢性的な痛みを抱えており、同大会3回戦でデニス・シャポバロフ(カナダ/同15位)に逆転負け。「足の怪我は治らないから痛みをコントロールしてプレーする方法を見つけなければならない」と、全仏オープンには主治医が帯同して、出場する予定だとした。

今週は、「ジュネーブ・オープン」(スイス・ジュネーブ/ATP250)「オープン・パルクARA」(フランス・リヨン/ATP250)が開催され、22日に全仏オープンを迎える。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP