close

2022.06.08

選手情報

盟友フェデラーから祝福があったと全仏V14のナダルが明かす「優勝後、お祝いのメッセージを送ってくれたんだ」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

写真提供:ゲッティ イメージズ

盟友フェデラーから祝福のメッセージが来たと明かしたナダル

「全仏オープン」で大会最多14度目のタイトル、そして男子では自身の記録を更新する史上最多22度目のグランドスラム制覇を達成した第5シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク4位)が、イタリアのテレビ局「スカイスポーツ」に対して、ロジャー・フェデラー(スイス/同50位)からお祝いのメッセージが届いたと明かした。

【動画】フェデラーとナダルによる南アフリカでのプレー動画をチェック

左足に注射を打ちながら全仏オープンで優勝を果たしたナダルに向けて、祝福のメッセージをSNSに投稿した選手も少なくないが、今回、フェデラーからの投稿はなし。気になっていた人もいるかもしれない。
その件で、ナダルはイタリアのテレビ局「スカイスポーツ」に「ロジャーとは良い関係を築けており、特別な感情を抱いている。優勝後、彼は私にお祝いのメッセージを送ってくれたんだ」と語ったのだ。どうやら今回は、SNSではなく、直接ナダルにメッセージを送ったようだ。

フェデラーは今年1月末、ナダルが全豪オープンで優勝し、グランドスラム通算優勝回数(男子)単独1位となった際にSNSに「素晴らしい試合でした! 私の友人であり、偉大なライバルであるラファエル・ナダルへ。グランドスラム21勝を達成した初の選手になったあなたを心から祝福します。数ヵ月前、私たちは『松葉杖をついている』と冗談を言っていましたね。驚きです。偉大なチャンピオンを過小評価することはありません。あなたの素晴らしい仕事ぶり、献身、そして闘志は、私や世界中の数え切れないほどの人々にインスピレーションを与えています。この時代をあなたと分かち合えることを誇りに思うと共に、過去18年間、あなたが私にしてくれたように、あなたがより多くのことを達成できるよう後押しする役割を担えることを光栄に思っています。この先もきっと、もっと多くのことを成し遂げられると思いますが、まずは今回の優勝を楽しんでください」と祝福のメッセージを投稿している。

フェデラーとナダルの特別な関係は、多くの人がご存じのはず。ツアー、グランドスラムでは合計40回対戦(ナダルの24勝16敗)し、ドラマを作り上げてきたことはもちろん、2年前には、アフリカ共和国のケープタウンでフェデラー財団のチャリティーイベントが行われ、2人が参加。5.1万人以上が観戦し、約350万ドル(約4億円)もの募金額が集まったということもあった。また、今年の2月3日には、レーバーカップ(9月23〜25日/イギリス・ロンドン、O2アリーナ)に出場し、”フェダルコンビ”で欧州選抜のダブルスを組む予定だと発表。その際、フェデラーはSNSで「前回のレーバーカップのあと、SNSで私に『ロンドンではダブルスを組もう』とメッセージを送ってきたんだ。“フェダル”ペアのカムバックに絶対乗り気だよ!」とナダルからオファーがあったと明かしている。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP