close

2022.06.21

選手情報

大坂なおみ設立のマネジメント会社、最初のクライアントは世界45位キリオス「加わることは理にかなっている」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

キリオスの契約理由は「テニス界で他に類を見ないスタイルと情熱、パーソナリティを持っている」

6月20日、女子世界ランク42位の大坂なおみ(フリー)が設立したマネジメント会社「EVOLVE」は、最初のクライアントとして男子世界ランク45位のニック・キリオス(オーストラリア)を迎え入れるとスポーツビジネスサイト『Boardroom』などが報じた。

【画像】キリオスに「ようこそ、ファミリーに」と綴った大坂なおみ設立「EVOLVE」のSNS

昨年末まで大坂のマネジメントは、IMGアカデミーが行っていたが、今年5月に同会社で担当代理人を務めていたスチュアート・ドゥグッド氏と共同で「EVOLVE」を設立。「アスリートには、プラットフォームを利用して有意義なビジネスを推進する力があると強く信じている」と述べていた。

そして、その最初に迎え入れた選手が、ATP ツアー6勝を誇り、今年の全豪オープンダブルスで優勝を果たしたキリオスだ。試合中には審判との言い合いやラケット破壊など問題行動を起こす一方で、アクロバティックなプレーで多くのテニスファンを魅了し、慈善活動にも熱心で自身の持つNK財団は恵まれない子供たちへの支援なども行っている。

同サイトでキリオスは「スチュアート、なおみが、僕のようなアスリートのサポートに特化したエージェンシーを立ち上げると知った時、加わることは理にかなっていると思った」と述べており、「キャリアを通じ、一貫して他とは違うことをしようと試み、自分というものをテニスに注いできた。スチュアートとなおみと一緒に、始めたことを継続し、テニスというゲームを前進させることにワクワクしている」とこれからを起こることを楽しみにした。

今回、キリオスを迎え入れることについて、大坂は「キリオスは、私たちがEVOLVEで一緒に働きたいタイプのアスリートを体現している。彼は、テニス界で他に類を見ないスタイルと情熱、パーソナリティを持っているわ。私たちは彼の為にもユニークで先駆的な大きなことを準備していく」とコメント。

コート内外でキリオスの代理人を務めることとなるドゥグッド氏も「ニックは人並外れた才能、経験を持っている存在。特別なテニス選手で、人間としても私は彼と仕事をし続けることにワクワクしている」と迎え入れることを楽しみにし、「スポーツの枠を超え、より広い文化に影響を与えることができる少数のアスリートのための場所」とするEVOLVEのポリシーに合致する選手だとした。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP