close

2022.06.24

選手情報

モンフィス、ウィンブルドン欠場を発表「これから、夏に向けて準備に集中するつもり」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

右足の故障から復帰したものの、ウィンブルドンには間に合わず

6月24日、ガエル・モンフィス(フランス/世界ランク23位)は、今週からトレーニングを再開したものの、体力的な問題からウィンブルドンを欠場すると発表した。

【動画】練習復帰を果たしたモンフィスの練習風景をチェック

「こんにちは、足のケガの最新情報を伝えるよ。今週からトレーニングを再開して、とても良い感じだ。これから徐々にトレーニング量を増やし、テニスの面でも身体の面でも調子を取り戻すためにコートで過ごす時間を増やしていきたいと思う。ただ、最近トレーニングに復帰したこと、芝コート、5セットマッチを戦うという体力的な問題から、今年のウィンブルドンを欠場すると決めた。これから、夏に向けて準備に集中するつもりだ。ハンブルクで復帰し、キッツビューエルでプレーしたあと、アメリカへ行く予定」とSNSに綴ったモンフィス。

右足の故障のため、母国開催であるグランドスラム、全仏オープンも欠場したモンフィスは、6月21日に芝コートで練習する動画をSNSで公開。「コートに戻れて気持ち良かった。一日一日を大切に、ウィンブルドンへの出場決定は数日中に報告しますね」と復帰を報告しているが、いきなりのグランドスラムは難しかったようだ。

メッセージにもあるとおり、今後はトレーニングを積んだうえで7月18日〜24日開催のATP500「ハンブルク・ヨーロピアン・オープン」(ドイツ・ハンブルク)、7月25日~30日開催のATP250「ジェネラリ・オープン」(オーストリア・キッツビューエル)とクレーコート2大会に出場。その後、北米シリーズに臨むと明かしている。

今年の全豪オープンではベスト8となっているモンフィス。同じハードコート・シーズンとなる北米シリーズでの活躍に期待である。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男