close

2022.07.12

選手情報

フェデラー、約24年10ヵ月ぶりに「ランキングなし」に。前週まで保持していた600ポイントが失効

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

約24年10ヵ月ぶりにランキングなしとなったフェデラー

7月11日、ATPは世界ランキングを更新。ロジャー・フェデラー(スイス)は、前週まで保持していた600ポイントが失効となり、約24年10ヵ月ぶりにランキングなしとなった。

【動画】若き日の姿をチェック!ATPが公開した「フェデラー物語」

フェデラーは16歳だった1997年9月にスイス・バーゼル大会でツアー大会にデビュー。予選1回戦に勝利し、同年9月22日付ランキングで初めて803位タイと順位が付いた。以来、約24年10ヵ月、ランキングを保持してきたものの、最後の大会出場となったウィンブルドンから1年間欠場となり、ポイントが失効となったため、ランキングなしとなった(ATPランキングは過去52週の成績に基づいて決定する)。

昨年のウィンブルドンでベスト8となったフェデラーは、大会後に「何週間も松葉杖をつくことになるだろうし、何ヵ月も試合に出られない」とSNSで手術を報告。以来、復帰に向けてリハビリ、トレーニングを積んでいる。現時点では、9月下旬のレーバーカップ、10月下旬のバーゼル大会に出場予定。そのバーゼル大会でポイントを得るまで、ランキングは復活しないことになる。

7月3日には、歴代チャンピオンと共にウィンブルドンのセンターコート100周年記念イベントに参加し、「もう1度、ここに戻ってくることができたらと思っている。この場所が恋しいよ」とコメント。2023年シーズンのプレーにも前向きな発言をしているフェデラーは、8月8日で41歳となる。“年齢はただの数字にすぎない”、再びコートの上で活躍する姿をぜひとも見せてほしいものである。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男

注⽬の記事PICK UP