close

2022.08.17

選手情報

尾﨑里紗が今シーズンを最後に現役引退「テニスを通してしてきた経験は私にとって人生の財産です」

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

今シーズンを最後に
現役引退を決意した尾﨑里紗

8月17日、フェドカップ日本代表としても活躍した尾﨑里紗(江崎グリコ)が、今シーズンを最後に現役引退すると発表された。

【SNS】尾﨑里紗選手の最新プレー写真はこちら

ダイナミックかつパワフルなフォアハンドを武器に、これまで多くのファンを魅了してきた尾﨑。ジュニア時代には全国小学生大会で優勝、さらに全日本ジュニアU18で単複優勝するなど活躍し、2012年12月にプロ転向した。

プロ転向後はツアー下部大会で優勝するなど、ランキングを徐々に上げ、2016年に世界ランキングでトップ100位入り。2017年シーズンにおいては、グランドスラム(四大大会)ですべて本戦出場を果たし、全米オープンではグランドスラム初勝利を挙げた。

また、同年のマイアミ・オープンでは、グランドスラムに次ぐカテゴリーで予選から勝ち上がり、ベスト16に進出。世界ランキングも自己最高70位まで上げるなど、日本のトップ選手として活躍した。

尾﨑のコメントは以下の通り。


【尾﨑里紗のコメント】
応援してくださっている皆様。
私、尾﨑里紗は今シーズンをもちまして現役を引退することを決意いたしました。

8歳からテニスを始め17歳でプロになり、小さい頃からの目標であったトップ100位、そしてグランドスラムに出場できました。

これまでのテニス人生の中で苦労したことも数え切れないほどありましたが、それ以上に大きな喜びもたくさんあり、テニスを通してしてきた経験は私にとって人生の財産です。

ここ数年は怪我やコロナ禍の影響もあって今後の自分の人生について考える時間が増えました。

プロとして見た景色はとても素晴らしいものでしたが、テニス選手以外の人生も歩んでみたいと思うようになり引退を決断した次第です。

幸せなテニス人生を過ごし、今まで続けてこられたのは、支えてくださったスポンサー様、家族、そしていつも応援してくださっていたファンの皆様のおかげです。

心から感謝を申し上げます。

今後出場する大会は未定ですが、残り少ない現役生活を全力で過ごしていきたいと思っていますので、暖かく見守っていただけたら嬉しいです。


〈尾﨑里紗プロフィール〉
おざき・りさ ■所属:江崎グリコ ■生年月日:1994年4月10日 ■出身地:兵庫県神戸市 ■WTA世界ランキング最高位:シングルス/70位(2017年)、ダブルス246位(2017年) ■四大大会最高戦績:全豪オープン/1回戦(2017年)、全仏オープン/1回戦(2017年)、ウィンブルドン/1回戦(2017年)、全米オープン/2回戦(2017年) ■その他の主な戦績:ITF女子ワールドテニスツアー7勝、2014年フェドカップ日本代表、2017年マイアミ・オープン(WTAプレミア・マンダトリー)ベスト16

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP