close

2022.08.24

選手情報

ディミトロフがめまいで途中棄権。ティエムがベスト16入り「すぐに健康になることを祈っている」[ウィンストンセーラム・オープン]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

Photo by Getty Images

ティエム、棄権したディミトロフに健康とUSオープンに向けて早い回復を祈る

現地8月23日、USオープン前哨戦である「ウィンストンセーラム・オープン」(アメリカ・ウィンストンセーラム/ATP250)シングルス2回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場の元世界ランク3位、ドミニク・ティエム(オーストリア/世界ランク231位)と、第1シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア/同19位)が対戦。第1セットを6-0で奪ったディミトロフだったが、めまいのため第2セット途中で棄権し、ティエムがベスト16入りを果たした。

【動画】ディミトロフがめまいで途中棄権。ティエムがベスト16入り マッチハイライト

1回戦では2時間弱の雨天中断や2本のマッチポイントなど苦戦を強いられたものの、3時間を超える熱戦の末にJ.J.ウルフ(アメリカ/同87位)を下したティエム。この日は、過去2勝4敗と負け越している片手バックハンドの名手、ディミトロフとの対戦となった。

第1セット、ティエムは第1ゲームで3本のブレークポイントを逃すと、ディミトロフの勢いが加速する。ティエムのアンフォーストエラーが増えたことに加え、攻め込まれても華麗なカウンターショットを放ち、サービスゲームをすべてブレーク。わずか24分で6-0とセットを奪う。

第2セットでも順調にサービスキープを続けたディミトロフだが、第5ゲームでティエムの粘りにミスを重ねてブレークを許す。すると、直後の第6ゲームでは、突如めまいに見舞われ、ゲームポイントではリターンを返球しただけでティエムのショットを追えず。

そのままベンチに座り込んだディミトロフは、フィジオと話し込んで再び試合をスタートさせようと、サーブの準備をしたが再び膝に両手をついて棄権を決断。ティエムと握手を交わした。

オンコートインタビューでティエムは「グリゴールがまたすぐに健康になることを祈っているよ。USオープンに向けても健康でいてほしい。彼は素晴らしい男だし、偉大なプレーヤーなんだ」とディミトロフの回復を祈った。

試合内容については、「明日も試合ができることが今日の唯一の良い点で、ポジティブなところかもしれない。昨晩はとても緊張していたし、今日もここに来るのは簡単なことではなかった。でも、少しずつ良くなっていたし、明日もチャンスがあることが良かった」とと述べている。

3回戦でティエムは、イギリスの20歳で第13シードのジャック・ドレイパー(同55位)と対戦。7月のATP250バスタッド大会から4大会連続でベスト8入りなるだろうか。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP