close

2022.11.12

選手情報

内島萌夏が世界80位コスチュクに敗れ、日本は敗退。来季はアジア/オセアニア・グループ1部の戦いに[ビリー・ジーン・キング・カップ]

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

日本はファイナル予選進出ならず。来季は杉山愛新監督のもとアジア/オセアニア・グループ1部の戦いに

11月12日、女子国別対抗戦「ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ」プレーオフ「日本対ウクライナ」の第2日、シングルス第3試合が行われ、エースの内島萌夏(フリー/世界ランク105位)はマルタ・コスチュク(ウクライナ/同70位)に0-6、3-6のストレートで敗戦。来年、日本はアジア/オセアニア・グループ1部を戦うこととなった。

【動画】青山修子/柴原瑛菜が日本チームに1勝もたらす 勝利の瞬間

今年4月のアジア/オセアニア・グループ1部で5戦全勝してプレーオフに進出した日本は、来年開催予定のファイナル予選をかけて、1年7ヵ月ぶりにウクライナと対戦。11日に行われた第1日では、土居美咲(ミキハウス/同180位)がコスチュクに6(1)-7、4-6で、内島がカタリーナ・ザワツカ(ウクライナ/同339位)に6(3)-7、2-6で敗れており、1敗も許されない状況となっていた。

その重要な試合を任されたのが、エースの内島。だが、世界の壁は高かった。20歳ながら2年以上トップ100を維持し、グランドスラムでベスト16入りを果たしているコスチュクを相手に、両セットとも第1ゲームでのチャンスを逃すと、リターンからプレッシャーをかけられてしまう。コスチュクのリターンエース、ウィナーが次々と決まり、開始からリズムを掴むことができないまま、内島は9ゲームを連取された。

「ファーストサーブの確率を意識した」と第2セット第4ゲームで初めてゲームを奪った内島は、その後テンポ良くサービスキープしたものの、コスチュクの勢いを止めることができずストレートで敗戦。来季のビリー・ジーン・キング・カップで、日本はアジア/オセアニア・グループ1部で戦うことなった。

内島は、今年4月に初めて日本代表を選出されたばかりで、代表のエースとして試合に臨んだのも初めての経験。プレッシャーを感じていたのだろう。試合直後には、「土橋監督に選んでいただいて勝てなかったのは申し訳ない」と悔し涙を流した。

今季は、世界ランクを349位でスタートさせ、ITFツアーで3度の優勝を飾ると一気に躍進。105位へとランキングを上げているが、まだトップ選手との戦いも少ない。「このレベルになるとサーブ、リターンが鍵になり、リズムがつかめないことが増えている。ラリー戦ではチャンスが出てくるが、そこに持ち込むまでができていない。12月にしっかり準備してトップの選手と戦えるようにもっと強くなりたい」と、来季への課題を克服していきたいと語った、。

ウクライナに3連敗を喫した後、試合形式が変更されてダブルスが実施。柴原瑛菜(橋本総業HD/ダブルス同22位)/青山修子(近藤乳業/ダブルス同23位)が、ザワツカ(ダブルス同415位)/リュドミラ・キチェノク(ダブルス同9位)を6-3、6-3で下し、一矢報いた。

なお、土橋登志久監督は、今季限りでの退任を発表しており、今回の試合がラストマッチ。来季からは、杉山愛氏が務めることとなる。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=山岡邦彦 Photos by Kunihiko Yamaoka

注⽬の記事PICK UP