close

2023.07.24

選手情報

錦織圭のツアー復帰初戦は現地25日以降に。初戦で世界63位のトンプソンと対戦

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

錦織圭、1年9ヵ月ぶりのツアー大会出場へ


7月23日、「アトランタ・オープン」(アメリカ・アトランタ/ATP250)は大会初日となる24日の試合スケジュールを発表。1年9ヵ月ぶりのツアー復帰となる錦織圭(ユニクロ/世界ランク439位)の名はなく、25日以降に1回戦を戦うこととなる。

【動画】大会SNSが錦織圭と世界46位のJ.J.ウルフと練習動画を公開

左股関節と右足首痛により長期離脱を余儀なくされた錦織は、6月に行われたATPチャレンジャー大会「カリビアン・オープン」(プエルトリコ・パルマスデルマール)で2021年10月以来、1年8ヵ月ぶりの実戦復帰。全5試合を戦い抜いていきなりタイトルを獲得する。その後、アメリカのチャレンジャー大会に2週連続で出場し、第2戦は2回戦敗退、第3戦はベスト8となっている。

そして、復帰4戦目となるのがプロテクトランキング48位を使って、ツアー復帰戦「アトランタ・オープン」(時差13時間)だ。初戦では、ジョーダン・トンプソン(オーストラリア/同63位)との対戦となり、復帰後初の二桁ランクの選手と対戦する。

両者の対戦は2度あり、初対戦となった2017年のATP250ブリスベン準々決勝では錦織が6-1、6-1で勝利。2度目の対戦となった2021年のウィンブルドン2回戦では、トンプソンが7-5、6-4、5-7、6-3で勝利している。大会は開幕初日となる24日の試合予定を発表し、錦織の試合は組まれず。大会2日目の25日以降に組まれることとなった。

2回戦以降では、順当にシード勢が勝ち上がると2回戦で第6シードのベン・シェルトン(アメリカ/同41位)、準々決勝で第1シードのテイラー・フリッツ(アメリカ/同9位)と対戦する可能性がある組み合わせとなっている。

なお、同大会には世界ランク31位の西岡良仁(ミキハウス)が第4シードに入っており、2回戦から登場。アレクサンダー・ブキッチ(オーストラリア/同82位)とワイルドカード(主催者推薦)で出場のイーサン・クイン(アメリカ/同394位)の勝者と対戦する。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ

注⽬の記事PICK UP