close

2020.08.03

選手情報

ナダルはゴルフの腕前もハイレベル! 地元マヨルカの大会で4位の健闘

世界ランキング2位のラファエル・ナダル(スペイン)が、マヨルカ島で行われたゴルフトーナメント「アブソリュート・バレアリック・ゴルフ選手権」に出場したと、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

【バボラ関連記事】8代目「ピュアドライブ2021」ついに発売、テニクラ編集部がその全貌を解説

8月のツアー再開へ向けて準備を続ける中、ナダルはゴルフの大会に出場。Instagramアカウント「@fbaleargolf」には、ナダルのプレー動画が公開され、テニスラケットから右利き用のゴルフクラブへ持ち替えた姿が映っている。
結果は、初日がイーブンパー、2日目が2オーバー。一時はトップに立ったが、後半にスコアを崩してしまい4位タイ! テニスだけでなくゴルフの腕前もプロレベルにあるとは驚きだ。
ところで、ナダルと言えば“ルーティン”が有名。テニスでは、ベンチに置く飲み物をきれいに並べ、ラベルの向きまで気にし、サーブを打つ前には、シャツを直すことや髪をかき上げること、鼻を触るなど多くのルーティンがある。これらルーティンについて、ナダルは「本当に大切だと思うことは整理整頓している。テニスの試合前の私のルーティンは毎回同じ。それを毎日完璧に繰り返すようにしているんだ。そうすることで、僕に自信と安心感を与えてくれる」と語っていると『Tennis World USA』が報じている。

果たして、ゴルフでも決まったルーティンを持っているのか気になるところだ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma