close

2019.04.25

メーカーズボイス

2019年クレーコートシーズンは「BOLD」 #大胆でいこう

『デザイナーの仕事は、ニーズを需要に変えることだ』“知の巨人”と呼ばれたピーター・ドラッカーの言葉である。
時代の流れによって、デザインは変化していく。それは、人々が潜在的に欲しているもので、そのニーズを形にすることで、新たな需要が生まれる。

ウイルソンは2016年、シンプルなデザインで、より強い主張を放つ『Uncontaminated Design(アンコンタミネイティッド・デザイン=汚染されていないデザイン)』を発表。それは、正に人々のニーズを形にし、需要へと昇華させた好例。デザインの潮流を掴み、ラケットに落とし込み、多くのプレイヤーの心を掴んだ。昨今のシンプルかつ強いデザインの流れは、ウイルソンの試みから始まったと言っても過言ではないだろう。



業界をリードするウイルソンは、続けて“劣勢を跳ね返す”意味を込めて、「REVERSE(リバース)」デザインを発表。さらに、ロジャー・フェデラー監修による「Black in Black」デザインをリリースすると、昨年はテニス界初の試みとなる「CAMO(カモ)」デザインをテニスギアに落とし込んだ。



して、今年のホワイトデーには「White in White」デザインを発売している。そして4月、クレーコートシーズンを前に、新たなデザインを投入する。

それこそが『BOLD』だ。突き刺さるようなダウン・ザ・ライン、不意を突く逆クロスへのショット、相手の虚を突いてのドロップショット・・・【他に合わせない】【他に流されない】【自分らしさをもっと大胆に表現する】、盛り込まれたプレイヤーたちへのメッセージは、『#大胆でいこう』である。



今回リリースされるのは、「PRO STAFF 97L BOLD EDITION」、「ULTRA 100L BOLD EDITION」、「BLADE 98S CV BOLD EDITON」、「BURN 100LS BOLDEDITION」の4モデル。ブラック&ホワイトのダズル・デザインを纏ったラケットは、これまでにはない新たな魅力を感じることだろう。

ボルナ・コリッチ(クロアチア)、ダビド・ゴフィン(ベルギー)、アレックス・デミノー(オーストラリア)、エレーナ・オスタペンコ(ラトビア)、キキ・ベルテンス(オランダ)、アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)ら、トッププレイヤーもクレーコートシーズンで使用する予定。“BOLD EDITION”のラケットで、ダイナミックなプレーを見せてくれるだろう。



#大胆でいこう――「BOLD」に込められたメッセージは、あなたにも届いているはずだ。

BOLD Series


PRO STAFF 97L BOLD DITION ¥36,000 (税抜き)
フェイス面積: 97sq.inch/レングス: 27.0inch/Av.ウェイト: 290g/Av.バランス: 32.5cm/フレーム厚: 23.0mm/グリップ・サイズ: G2/ストリング・パターン: 16x19
適正テンション: 50-60p 数量限定


ULTRA 100L BOLD EDITION ¥31,000(税抜き)
フェイス面積: 100sq.inch/レングス: 27.0inch/Av.ウェイト: 277g/Av.バランス: 32.5cm/フレーム厚: 23.0/26.5/22.5mm/グリップ・サイズ: G2/ストリング・パターン: 16x19/適正テンション: 50-60p 数量限定


BLADE 98S CV BOLD EDITION ¥30,000(税抜き)
フェイス面積: 98sq.inch/レングス: 27.0inch/Av.ウェイト: 294g/Av.バランス: 33.0cm/フレーム厚: 21.0mm/グリップ・サイズ: G2/ストリング/パターン: 18x16
適正テンション: 50-60p 数量限定


BURN 100LS BOLD EDITION ¥28,000(税抜き)
フェイス面積: 100sq.inch/レングス: 27.0inch/Av.ウェイト: 280g/Av.バランス: 32.5cm/フレーム厚: 23.0/25.0/23.0mm/グリップ・サイズ: G2/ストリング・パターン: 18x16/適正テンション: 50-60p 数量限定

BOLD EDITION BAG



SUPER TOUR 2 COMP LARGE BOLD
16,000円(税抜き)
※4月発売

SUPER TOUR BACKPACK BOLD
9,000円(税抜き)
※4月発売


★[Wilson Web Magazineバックナンバー(2011年1月号~2020年3月号)]