close

2020.09.01

スクール

【テニススクール】全国29校!生徒数業界トップクラス!! ノアインドアステージの魅力とは何か? <Part1>

姫路に誕生したテニスクラブが
すべての始まりだった

すべてはお客様のために――

それが「ノアインドアステージ」のスローガンである。全国に29ものスクールがあり、業界トップクラスである約3万5,000人という生徒数。なぜ、それほどまでに「ノアインドアステージ」が支持されているのか? 今回は、その歴史も振り返りつつ、探っていきたい。



1980年5月に生まれた「姫路テニスクラブ(現テニススクール・ノア 姫路校)」が、すべての始まりだった。「ノアインドアステージ」の親会社である日東社が、当時のテニスブームということも考えて、遊休地の有効活用として会員制のテニスクラブを設立する。それは福利厚生の一環でもあったという。当時は外部に委託して運営をしていたが、転機が訪れる。1987年、現社長・大西雅之氏が姫路テニスクラブの支配人になったのだ。実は大西氏は、日東社に入社したばかり。ちょうど支配人がいなくなった時に、大学でテニス部に所属していた大西雅之氏に、現会長で父である壬氏から託されたのだという。雅之氏自らレッスンをすると、80名程度だった生徒数を瞬く間に300名にまで増やすことに成功。すると親会社に直談判し、予算を取り付け、屋外コートのみだったテニスクラブに3面分、インドアコートに改装する。季節や天候の影響を受けにくくなったことで、生徒数は安定して伸びていったという。しかし、大西はさらに先を見ていた。
<さらに満足度を上げるためにはどうすべきなのか?> 東京を中心とした全国各地で成功するインドア・スクールを見学し、ノウハウを学んだのだという。すると、1000人に到達すれば大成功と考えていた会員数が1500人まで増加していく。




<お客様に居心地のいい空間を提供する>
そのために社内風土にも細心の注意を払う

では、どんなノウハウを学んだというのか? 

最も大きかったのは、「テニススクールは“サービス業”」「コーチはお客様に教えさせていただく」という考え方だったという。当時の日本のテニススクールでは、テニスが上手なコーチが“上の立場で教える”というのがよくある光景だった。そうではなく、我々はお金をいただいてテニスの楽しさをお伝えしているのだ。その信念を元に、もっとサービス、ホスピタリティということを貫いていく。これだけでも“レッスンが楽しい”という声が増えたわけだが、大西社長は“必ずお客様と1対1の時間を作る”ことをレッスンの方針の一つとし、多人数のレッスンの中で個別対応することで「お1人おひとりの満足度を高めて」いった。


1コマ80分の中で、1対1となる時間をなるべく有意義に使う

単にていねいな言葉づかいをする、へりくだればいいといったことではない。だからこそ、最低限の決まり以外、ノアインドアステージのマニュアルはない。お客様の機微を把握して、どんなニーズがあるのか? どんなことで喜んでもらえるか?ということを徹底的に追及していったのだという。そのための一つの策が「お客様ノート」の存在だ。コーチの数は限られるし、コートによっては200人もの生徒を相手にする。それだけの生徒に自然と対応できるものの、全員がそういうわけにもいかない。サービスの質を高めるために、生徒の情報を逐一書き込んだノートを作るわけだ。この生徒さんはこんな人だ、といった情報を全員で共有できるわけだから、より接しやすくなるし、生徒にとってはノアインドアステージがより心地よい空間となる。



生徒に関する様々な気づきを「お客様ノート」として蓄積し、サービス向上を図る


ノアインドアステージは、コーチだけでなくフロントも重視している。普通ならカウンターで対応するというのが多いフロント業だが、ノアインドアステージではカウンターから出て、近い距離で対応することを促しているという。だからこそ、ノアインドアステージの場合、コーチだけでなく、フロントの人間までも、生徒に名前を覚えてもらうケースがよくあるのだ。コーチだけでなく、フロントも一緒に、生徒を大切にする。そういった徹底した姿勢が、生徒の満足度を高めているわけだ。

 “言うは易く行うは難し”と思うかもしれない。ノアインドアステージでは、第一にお客様が居心地のいい空間を作ることを最大の目的としているが、そのために風土、社内のコミュニケーションを良くすることに細心の注意を払っている。上司と部下は月1回の面談、お互いの良さを讃えあう機会、懇親会などの実施を行い、情報共有がしっかりできる土壌、何でも言い合える環境を作っているわけだ。だからこそ、幹部が気に掛けるポイントも、まずは“人間関係はうまくいっているか”なのだという。


関わるすべての人を幸せの地へーー
ノアインドアステージは歩み続ける

発祥の姫路テニスクラブで革命的スクールを展開しはじめた同社は、1998年に加古川校、西宮校を開校。さらに2000年に宝塚校、姫路ブルーマウント校を開校、2001年に東大阪校を開校、2003年に武蔵浦和校、名谷校を開校…と多店舗展開。現在では国内29校のほか、タイ・バンコク校、フットサルやジムなど異なるフィールドの関連会社、子会社など、グループは拡大していっている。これだけの成功を収めているのも、「お客様お1人おひとりに対して、ニーズに応えるサービス、そしてそれを実現するチーム作り」を重視しているからと言える。

さて「ノアインドアステージ」という名前に、興味を持っている人もいるかもしれない。それは、会社をその方舟になぞらえて、お客様、社員、アルバイトなど、より多くの人を幸せの地に導きたいという願いがこめられている。一人でも多くのお客様に居心地のいい空間を――その想いを乗せた方舟に、3万5,000人という生徒が乗っているわけだ。



全国のノアインドアテニススクール
【北海道】テニススクール・ノア苫小牧校 TEL 0144-84-1537
【東京都】テニススクール・ノア 国分寺校 TEL 042-300-4515
【埼玉県】テニススクール・ノア 武蔵浦和校 TEL 048-866-3432
     テニススクール・ノア 和光成増校 TEL 048-451-0603
【神奈川県】テニススクール・ノア 横浜綱島校 TEL 045-541-6033
      テニススクール・ノア 横浜センター南 TEL 045-482-7920
      テニススクール・ノア 横浜東戸塚校 TEL 045-443-9621
      テニススクール・ノア 川崎溝の口校 TEL 044-455-4305
【滋賀県】テニススクール・ノア 滋賀南草津校 TEL 077-566-5124
【京都府】テニススクール・ノア 京都西校 TEL 075-326-4611
【大阪府】テニススクール・ノア 大阪天下茶屋校 TEL 06-6652-7248
     テニススクール・ノア 大阪深江橋校 TEL 06-6965-1035
     テニススクール・ノア 大阪南千里校 TEL 06-6310-8046
       テニススクール・ノア 大阪久宝寺校 TEL 072-990-0082
     テニススクール・ノア 大阪茨木校 TEL 072-646-9991
     テニススクール・ノア 大阪都島校 TEL 06-6167-6152
【兵庫県】テニススクール・ノア 姫路校 TEL 079-246-3111
     テニススクール・ノア 姫路青山ブルーマウント校 TEL 079-266-2097
     テニススクール・ノア 加古川校 TEL 079-434-2244
     テニススクール・ノア 神戸名谷校 TEL 078-704-3233
     テニススクール・ノア 宝塚校 TEL 0797-81-7888
     テニススクール・ノア 尼崎つかしん校 TEL 06-6420-7166
     テニススクール・ノア 西宮校 TEL 0798-46-7888
     テニススクール・ノア HAT神戸校 TEL 078-252-2585
     テニススクール・ノア 神戸御影校 TEL 078-200-6920
【岡山県】テニススクール・ノア 倉敷校 TEL 086-430-0400
     テニススクール・ノア 岡山校 TEL 086-243-6522
【広島県】テニススクール・ノア 広島西校 TEL 082-921-1024

【海外 タイ】テニススクール・ノア タイ バンコク校 TEL 02-259-8425 日本からは +66-2-259-8425


取材協力:ノアインドアステージ株式会社
https://noahis.com/

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

関連する記事RELATED