close

2020.08.27

選手情報

デルポトロがヒザを再手術! フェデラーと同じ医師が担当

元世界ランキング3位のファン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が、8月26日に3度目となる右ヒザの手術を行ったと、アメリカ『Tennis World USA』が報じている。

デルポトロは、2018年10月の上海マスターズで右ヒザ膝蓋骨を骨折。4ヵ月後に復帰したものの、昨年6月のフィーバー・ツリー選手権で、転倒し手術を行っていた。さらに、今年1月には同箇所の再手術。その後、母国アルゼンチン・ブエノスアイレスでリハビリを続け、7月にはコートで練習再開していた。
しかし、ここ数ヵ月で痛みが治まらず、フェデラーやワウリンカの担当であるロナルド・ビーダート医師に相談。再度、手術を勧められ、スイス・ベルンで手術を受けたという。

2009年のUSオープン決勝では、当時世界1位のロジャー・フェデラー(スイス)を下して、優勝。一気にスター選手へと上り詰めたデルポトロ。しかし、それ以降は度々ケガに泣かされてきた。2010年には右手首を手術。その数年後にも左手首を3度手術している。
今年で32歳を迎え、現役でいられる時間も多くはないだろう。それでも、ケガの度に強くなり戻ってくるデルポトロの姿を期待したい。

関連する記事RELATED