close

2020.05.20

スクール

~TCスクール探訪 #1 CSJつくばテニスガーデン~ 目指すは世界に通用するメイドインジャパンのプロを!


「プロが同じコートで練習しています」

冒頭で紹介した通り、CSJの名はジュニア育成の名門として有名だ。ジュニア育成の最終目標を伺うと、「錦織圭選手や大坂なおみ選手がいますが、僕らとしては“メイドインジャパン”。日本で日本のコーチが育てて、世界で活躍する選手を作りたい」と上田代表は語る。スーパーキッズ(5歳~小学1年)、ジュニアサテライト(小学1~5年生)、ジュニアチーム(小学生~高校生)の3つに区分し、試合での勝利やより高いレベルを目指すクラスを設けている。そのため、より多くの練習量を確保するため、彼らのために土日のアウトドアコートが開放されており、9時~15時半まで自主練に励むことができる。
また、「身近にプロがいるということがすごく大事だと思います」と、現在もCSJを練習拠点としている佐藤プロと川村プロのプラス効果があると、上田代表は言う。
「海外のクラブは同じコートでプロが練習しているからこそジュニアたちがプロを目指しやすい。『この人たちみたいになりたい』『こういう感じなんだ』と憧れを持ちやすいからプロを目指す選手が多いのだと思います。日本はプロはプロ、ジュニアはジュニアと分けてしまい、身近さがない。その点、うちの場合はアカデミーのコートでプロも普通に練習している」と、ジュニアのモチベーションアップにも大きく寄与しているという。



理想は“テニスを楽しむ”の先にある“テニスを家族で楽しむ”こと

ジュニアの活躍が目立つCSJだが、目標はジュニア育成だけではない。
「もっといろんな人たちがテニスを楽しんでくれて、テニスの人口が増えること。そしてテニス業界が盛り上がり、強い選手が出てくるのが一番良いイメージだなと描いています。アカデミーに入った人も一般スクールでやっている人も、『テニスをして楽しいな』『テニスをやりたいな』と思い続けてくれるような指導をしていきたい」。多くの人々にテニスの楽しさを伝えることこそが、根源にあるのだと上田代表は語っている。



続けて、「海外とかは家族でバーベキューしようとか海に行こうとなったりしますが、家族で楽しむ手段の一つとしてスポーツがあって、そこにテニスでもある。かつて日本にもあったテニスクラブライフのようなものが、もう一回戻ってくるといいなと思っています。せっかく子供、親、祖父、祖母と3世代が楽しめるスポーツなのですから」と今後の目標を語ってくれた。

多くの人々にテニスの楽しさを伝えること、そして世界に羽ばたくジュニアを育て、勝つことの楽しさを教えること。それが「CSJつくばテニスガーデン」が持つ姿である。

●CSJつくばテニスガーデン
所在地:〒300-2654 茨城県つくば市水堀474
電話番号:029-852-7474
MAIL:csj@csj.join-us.jp
URL:http://csj-tennis.com/

関連する記事RELATED