close

2020.09.21

大会情報

日本人5選手が挑む全仏OP男子予選が9月21日にスタート

予選第8シードに入ったダニエル太郎

今年最後のグランドスラムがいよいよ開幕だ!
全仏オープンテニス(フランス・パリ)の予選が9月21日(月)から9月25日(金)まで行われ、その男子予選のドローが20日、発表された。

128名で争われる予選で16名の本戦出場者が決定。日本人からは予選第8シードのダニエル太郎(エイブル)、同第11シードの添田豪(GODAI)、伊藤竜馬(北日本物産)、守屋宏紀(北日本物産)、綿貫陽介(日清食品)が名を連ねた。
また日本人選手は、それぞれ異なるブロックに入った。

予選初日には、添田や伊藤、守屋、綿貫の試合が予定されており、ダニエルは予選2日目以降に試合が予定されている。

5月下旬に行われる予定だった全仏オープンだが、新型コロナウイルスの影響により、開催の延長が決定。本戦は9月27日から10月11日まで行われる。

また、この未曽有の出来事により、全仏オープンはメインドロー上位進出者の賞金を減額し、その分を予選と1回戦の賞金を配分することを発表。
1回戦敗者には6万ユーロ(約740万円)、予選1回戦敗者には同42%増の1万ユーロ(約123万円)の賞金が与えられ、予選2回戦や予選決勝も同様にアップしている。

<男子シングルス予選1回戦>
ダニエル太郎 vs. マティアス・ブールグ(フランス/WC) 9月22日以降試合予定
添田豪 vs. ジョバンニ・ムペシ・ペリカール(フランス/WC)  9月21日20時30分以降(日本時間) :コート14第3試合
伊藤竜馬 vs. ニコラ・ミロシェビッチ(セルビア/31)  9月21日22時以降(日本時間):コート5第4試合
守屋宏紀 vs. ルドルフ・モレカー(ドイツ)  9月21日22時以降(日本時間) コート15第4試合
綿貫陽介 vs. ジェイソン・ジャン(台湾) コート7第2試合

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=山岡邦彦 Photos by Kunihiko Yamaoka

関連する記事RELATED