close

2017.08.20

メーカーズボイス

やさしいだけじゃない! "TRIAD XP3"&"TRIAD XP5"は「羊の衣を借りた狼」だ!!

ウイルソンには他社にはない、特別なテクノロジーがある。それがTRIADテクノロジーだ。これは15年以上も続く、不滅のテクノロジーとして、多くのファンに愛されていて、昨年発売された3.0Jは高い評価を受けている。

「TRIADテクノロジー」は、通常1ピースで製造されるラケットを、ヘッド部分とシャフトグリップ部分とに分けて成型するもの。これにより「パワー」「コントロール」「打球感」を飛躍的にアップさせることができる。また、両ピースは「アイソ・ゾーブ」と呼ばれる高衝撃吸収材で結合。高層建築の基盤にも使われる耐震素材を加えることで、インパクト時に生じる不要な衝撃を大幅にカットすることができる(3.0Jでは、45%の衝撃吸収に成功)。ヒジを痛めている方には、特にオススメのテクノロジーである。



そして、今回、3.0Jに続き、113平方インチの「TRIAD XP3」、103平方インチの「TRIAD XP5」がリリースされることが決まった。3.0Jで脚光を集め、再び輝きだした"TRIAD"にニューラインナップが加わったのだ。 もちろん、テクノロジーは"TRIAD"だけではない。そのフレームには、現時点で最強の素材である「ウルトラ・ハイ・パフォーマンス・カーボン・ファイバー」を使用しており、パワーを司るメイン・ストリングを長くさせる「パワー・プロファイル」テクノロジーを採用している。「TRIAD」に、最新のテクノロジーを掛け合わせて作られたウイルソンの自信作、そのいまだかつてない打ち味に、驚くなかれ!



テニスクラシック編集部試打コメント
テニスクラシック編集長(広)
非常にバランスがいい XP5は超を付けるほどオススメ

3.0Jは、118平方インチにして圧倒的な衝撃吸収性、そして打っていくことで良さが出ることが特徴だった。では、XP3、XP5はどうなのだろうか? 私は「羊の衣を借りた狼」とお伝えしたい! 特にXP5は、パワフルなショットが打てる男性プレーヤーでも、「オォ!」と言ってしまう魅力がある。
衝撃吸収性は23%ということもあり、3.0J(45%)よりは多少インパクトの振動は感じる。だが、打球感を大事にしたい方にとっては、これは満足なはず。ボールの感覚がわかりながらも、不要な振動は取り除いてくれる感じだからだ。フェイスサイズから察するのと同様に、パワーアシストはXP3のほうが上。かといって、自分から振るタイプの人がダメかというと、そうでもない。順回転、逆回転とさまざまなボールが打ちやすいし、助けてほしいところでは助けてくれる。その割合がXP5のほうが上という感じだ。打つ時は打つ時でいいボールが打てる、ディフェンシブな時はディフェンシブな時でつなぐことができる。これだけ出来がいいラケットは、なかなかない! そう言いたくなるくらい個人的には大好きなラケットだ。

テニスクラシック編集(川)
どちらのモデルもパワーは十分 その特質を考えてチョイスしたい

まず、XP3だが、衝撃よりもまず、その軽さ(262g)とパワーに驚いた!
0.5インチロングということもあるだろうが、フェイスで捕らえさえすれば、ボールは飛んでいってくれる。インパクトに集中することで深いボールが打てるというのは、プレーヤーにとってはうれしいこと。苦しい体勢でも当てれば、どうにかなる安心感がある。また、TRIADの効果で、衝撃吸収がなされているので体への負担も軽くなりそうだ。
そしてXP5は、103平方インチとTRIADのモデルではフェイスサイズは最少。しかし、びっくりするほどパワーがある。よりパワーを求めるならXP3を、少し自分で打ちたいと言う人はXP5をという選択がベターだろう。例えば、現在主流の100平方インチを使っていて、パワー不足を感じるなら、これに乗り換えるのは賢い選択だと思う。パワー、パワーと書いたが、打ち味は本当にしっかりしていて、スピンもかけやすい。女性の中上級者、男性でも満足できる1本だと思う。
 
TRIAD シリーズ

衝撃吸収性能、パワーホールによる包み込み打球感を求めるなら、ウイルソンが日本人のために作った3.0J。「パンッ!」という弾く打球感&衝撃吸収性能を求めるならTRAID XP3。100sq.inch辺りの衝撃吸収性能をもったプレーヤーモデルならTRIAD XP5。一度でも手首、ひじ、肩に痛みや疲労を感じたならば、一度はトライすべきシリーズだ。


TRIAD XP3
¥36,000(税抜き)


フェース面積: 113sq.inch
レングス: 27.5inch
Av.ウェイト: 262g

Av.バランス: 36.0cm 

フレーム厚: 25.3-29.0-25.5mm
グリップ・サイズ:G1, G2 

ストリング・パターン:16x18

適正テンション: 50~60ポンド


TRIAD XP5
¥34,000(税抜き)


フェース面積: 103sq.inch
レングス: 27.25inch
Av.ウェイト: 275g

Av.バランス: 35.5cm 

フレーム厚: 24.5-29.0-25.0mm
グリップ・サイズ:G1, G2 

ストリング・パターン:16x18

適正テンション: 50~60ポンド


3.0J 118
価格: 38,000円+税
フェイスサイズ: 118平方インチ
レングス: 27.5インチ
ウェイト: 250g
バランスポイント: 36.5cm
フレーム厚: 26.0-31.0-26.0mm
グリップサイズ: 1、2
ストリングパターン: 16x19
推奨テンション: 55~65lbs


ウイルソン情報なんと400以上のウェブマガジン [Wilson Web Magazineバックナンバー(2011年1月号~2020年3月号)]

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録