close

2017.06.20

メーカーズボイス

クロはクロでもルキシのクロ。「LUXILON SAVAGE BLACK」と "あの人気ポリ"を打ち比べ!

ラケット同様、ストリングはプレーヤーのテニスを大きく変えることができる重要なギア。日進月歩の世界だけに、それを超える性能のストリングも生まれてくる。すでに意中のストリングを見つけている人も、自身のレベルアップのために、たまには新たなストリングをテストしてみるべきだろう。



現在、ストリング市場を見ると、最も人気があるのは「ポリエステル・ストリング(通称ポリ)」だろう。"切れにくい"、"コントロール性が高い"、"パワーがある""スピードが出る"...などポリには、さまざまなうたい文句のある商品がある。

その中で、一度試してほしいものがある。それがルキシロンの「SAVAGE BLACK<サベージ・ブラック>」である。"柔らかくて弾力性が高い。そして制振性にも優れているリキッド・クリスタライン・ポリマー(液晶ポリマー)を六角形に成形。パワーとスピン性能を持つ、ハードヒッター向けモデル"というのが、カタログの紹介文だ。硬さは、ハードとソフトの中間。パワーとコントロールを兼ね備えたバランスのいいクセのないポリである。

では、実際の打ち味はどうなのか?  テニスプレーヤーの間で人気のA社のクロいポリとSAVAGEを、向 和彦氏&向 範氏(アポロ・コースト・テニスクラブ)と編集部(広)が試打してみた!!

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録