close

2021.01.07

選手情報

全豪女王ケニンに秘策!? あのチャンピオンに「アドバイスを求めるわ」

追う立場から追われる立場に
前年覇者として全豪に挑むケニン

現在開催中のWTAツアー開幕戦『アブダビWTA女子テニス・オープン』(アラブ首長国連邦・アブダビ/)で記者会見を行った世界ランキング4位のソフィア・ケニン(アメリカ)が、全豪オープンの2連覇に向けて、同大会最多8度の優勝を誇るノバク・ジョコビッチ(セルビア)に”アドバイスを求める”と語った。

【関連記事】全豪女王ケニンに何が!? マネージメント会社が突然契約終了を発表

2019年には、世界ランキングを56位から14位へジャンプアップさせ、続く昨シーズンでは全豪オープンでグランドスラム初優勝。自己最高ランキング4位まで上昇させるなど、充実の時を迎えているように思えるが、一方でプレッシャーも倍増しているようだ。「自分がトッププレーヤーであると感じているし、それを証明してきた。プレッシャーも感じているわ。大会でいい成績を残そうとすればするほどプレッシャーはかかるもの」と追われる立場ゆえの苦悩を明かしたケニン。

そのケニンにとって、最重要課題となるのが約1ヵ月後に控えた今年最初のグランドスラム、全豪オープンの連覇である。新型コロナウイルスの影響から3週間遅れでの開催となったが、今年も無事に開催が決定。同大会についてケニンは、「全豪オープンはディフェンディングチャンピオンだから(他の大会と)少し違う。パリもプレッシャーはあったけど、全豪オープンほどではない」とすでにタイトル防衛のためのプレッシャーがかかっているという。

ケニンの2020全豪・全仏の写真はこちら

そこで語ったのが、ジョコビッチにアドバイスを求めたいというコメントである。
「ノバクに相談するわ。私たち2人ともディフェンディングチャンピオンだもの。それが役に立つと思う」と、全豪8度の史上最多優勝回数を誇る男子世界ランキング1位のジョコビッチだが、実は、前回大会の決勝前にアドバイスを受けていたのだという。「(昨年の)決勝の前に隣同士で練習をしていたら、彼はとても良いアドバイスをくれたわ。私のところまで来てくれて、とても親切にしてくれたし、決勝前にいくつか教えてくれた。私がすごく緊張していたからスペシャルなことだった」と振り返った。
今年は、パンデミックのため観客も減少。「ファンからのエネルギーをもらえばプレーがより良いものになるけれど…」と言うケニンが前年覇者というプレッシャーの中、どのような戦いを見せるのか注目だ。

しかし、全豪オープンでの優勝以降もリヨン大会での優勝や全仏オープンでは再びグランドスラムの決勝に進出。あらゆるサーフェスに対応できるプレーであることを証明して見せている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma