close

2021.01.08

選手情報

西岡良仁がジュニア大会の開催! ジュニアからプロになるための道しるべを作る

日本から世界で戦う選手に
プロになるための過程を伝える

世界ランキング57位の西岡良仁(ミキハウス)は1月6日、コロナ禍でもプロを夢見る多くの若い選手たちへの手助けになればと、ジュニアのための大会『Yoshi’s CUP』を今年秋冬に開催する予定だと明らかにした。また、開催にあたり大会運営費などのプロジェクト資金を集めるためクラウドファンディングもスタートさせた。

【西岡良仁の2020全豪・全仏の写真をCHECK!!】

クラウドファンディングのサイトで西岡は自身の“東京オリンピック出場”という目標のほかに、“テニスをもっと日本に広めたい!”という大きな目標があるとし、今回のプロジェクト発足させた理由をコメント。そしてそれを実現させるため、日本から世界で戦える次世代の選手が出てきてほしいと願い、「プロになるまでの過程に必要なこと」を伝えていきたいとした。

西岡自身、ジュニア時代にどうすればプロになれるのかがわからないことがあったというが、松岡修造氏が主催する「修造チャレンジ」に参加したことが人生の大きな転機に。
「私がプロになれたのも、修造チャレンジとの出会いがあり、その先に大会があったからこそなんです。『大会があったから』。これだけ言えば、当たり前のことだと思われてしまいますが、テニス選手がプロになるには、大きな大会で活躍しスポンサー契約を掴まなければいけません。さらに言えば、若い頃にいかに世界レベルの大会で結果を残すことができるかということがプロへ進めるかどうかの大きな分岐点になります」と、プロになるための厳しさやグランドスラムで勝つことの難しさ、テニスの素晴らしさを初めて学ぶことができたとした。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

タグ