close

2021.01.11

選手情報

テニス界新成人9選手の主張「御成人おめでとうございます!!」


祝御成人
田島尚輝(やまやコミュニケーションズ)

「まず初めに、成人を迎えられたことを大変嬉しく思います。
特にここまで育てて頂いた両親には感謝しています。また今まで私と関わっていただいた全ての方々にも感謝を述べたいと思います。
これからはより一層、大人の仲間入りをしたという認識を持って、言動や行動に責任を持ちながらテニス選手生活を送りたいと思います。
そして現在コロナ禍で大変な状況の中テニスをやれているということ、またこの様な中サポートして頂いている全てのスポンサーの方々に感謝しながら全力でプレーをします。
明確な目標と致しましては、今年はグランドスラム予選に少しでも近づける様なランキングに持っていきたいと思います。
そして、結果だけでなく、この先トップの選手としっかりやりあえる様なプレーを維持できる力も身につけたいと思います。
日頃からの皆様の応援・サポートありきでの選手生活だと思います。
引き続き応援よろしくお願い致します。それに応えられるように精一杯頑張ります」





祝御成人
内藤祐希(亀田製菓)

「皆様こんにちは。内藤祐希です。
昨年から今年にかけて、コロナウイルスの影響で多くの大会がキャンセルとなり、思うような活動ができない日々が続いています。
そんな中迎える今シーズンですが、私自身成人を迎える年でもあり、プロテニス選手としての責任をより感じ、自分の活躍で少しでも多くのテニスファンの方々に明るいニュースを届け、勇気を与えられるようにチャレンジしていくシーズンにしたいと思っています。
まずはグランドスラムの予選を突破し本戦で勝つこと、そこから更なる高みへと挑めるような飛躍の年にしたいです。
このようなコロナ禍でも多くの人が応援してくださり本当に支えとなっています。皆様の応援を力にして全力で頑張っていきますので、今年もよろしくお願いします」





祝御成人
吉岡希紗(早稲田大学)

「この度成人を迎え、改めて今後の進路も真剣に考え、方向性を決める時期になりました。そこで本年は、単複共に結果を残したいと強く思っています。
目標として、インカレ単複優勝、リーグ優勝、王座奪還です。達成の為に健康な身体でいることが私の一番の課題です。昨年大事な試合で身体を壊してしまいました。その悔しい思いを胸に怪我をしない身体を作り、レベルアップを目指しています。
今後は自覚と責任を持ち行動できる人間になります。守られている世界ではなくなる為、確り考えながら生活していきます。
今までお世話になった方々に感謝の気持ちを忘れず、今後は恩返しができる様に精一杯頑張りたいと思っています。大学に貢献します!」




続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

関連する記事RELATED