close

2021.01.14

選手情報

グランドスラム最多21勝目を目指すナダルに試練!? モヤ氏が全豪出場のナダルに帯同せず

ナダルに帯同しないものの…
モヤ氏「自宅からフォローする」

昨シーズン、13度目の全仏オープン制覇を成し遂げ、ロジャー・フェデラー(スイス)が持つグランドスラム最多20勝に並んだナダル。約3週間後に控えた全豪オープンでは、その記録更新を目指すこととなるが、試練を迎えそうだ。

【関連記事】ティエムのコーチ、マスー氏がコロナ陽性反応。コーチ不在で全豪OP出場か

1月13日、世界ランキング2位のラファエル・ナダルのコーチを務めるカルロス・モヤ氏が自身のSNSを通じて、全豪オープンに出場するナダルに帯同しないことを明らかにしたのだ。モヤ氏は、2016年のシーズンオフ以来、ナダルのチームに加入し、コーチを務めている。

Twitterで「ラファと話し合った結果、チームと一緒にオーストラリアには行かないことを決めた」と綴ったモヤ氏。「僕の意図としては、例年通り全豪オープンの初めからチームと一緒にいるつもりだったが、オーストラリア政府が別々に到着することを許可しなかった」と、新型コロナウイルスに関してのプロトコルの中で、途中から合流することができないと説明した。

しかしながら、モヤ氏は「スペインはウイルスが蔓延している微妙な状況のため、僕は自宅から大会をフォローし、家族や両親、子供たちと共に一緒に滞在する予定だ。チームの幸運を祈る」と、自宅のあるスペインからチームと連絡を取り、ナダルの21度目のグランドスラム制覇をアシストするとしている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP