close

2021.01.15

選手情報

全豪直前に元世界1位のマレー&世界16位のキーズがコロナ陽性に

マレーがイギリスでコロナ感染
症状軽く、自主隔離中

1月14日、元世界ランキング1位のアンディ・マレー(イギリス)が新型コロナウイルスの陽性反応を示したとLTA(イギリステニス協会)が明らかにした。

【関連記事】ティエムのコーチ、マスー氏がコロナ陽性反応。コーチ不在で全豪OP出場か

LTAはTwitterで「マレーは新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たあと、自宅で自主隔離している。一日も早い回復を祈っている。我々は彼がどれだけ努力しているかを知っているし、彼がすぐにコートに戻ってくることを願っている」と綴り、ファンに向けて報告。『デイリーメール』紙によると、症状は軽いものだとしている。

開催まで約3週間となった全豪オープン主催者は出場できるか明言はしなかったのものの「全豪オープンのファンはアンディを愛していて、彼がこのメルボルンでの試合をどれだけ愛しているか、そしてこのチャンスのためにどれだけ努力してきたか知っている」と綴り、早期回復を祈った。

マレーにとって、全豪オープンは優勝こそないものの、5度の準優勝を誇る相性のいい大会。今大会にはワイルドカードでの出場権を得ていた。



また、同日には女子世界ランキング16位のマディソン・キーズ(アメリカ)も新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たと発表。
「オフシーズンにハードなトレーニングを行い、テニス・オーストラリアやツアーがこのようなイベントを実現するために多くのことをしてくれたのを知っていたのに、これから数週間プレーできないことにとてもガッカリしている」と全豪オープンシリーズに出場することができない気持ちを表現。それでも、「今は家で一人でいます。来月にはツアーに復帰できることを楽しみにしています」と先を見据えて、まずは治療に専念するとしている。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録