close

2020.06.04

選手情報

ジョコビッチ主催大会のチケットが7分で売り切れ!さらに1000枚の追加発売へ

6月3日、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が主催する「アドリア・ツアー」(6月13日~7月4日)の一部チケットが発売され、わずか7分で売り切れとなった。

今回発売されたのは、6月13日と14日にセルビア・ベオグラードで開催されるチケット。主催者のジョコビッチは、セルビアメディアを通じ「興味を持ってくれてありがとう。チケット購入者は、世界最高峰のテニスを見ることができる。それと同時に、ノバク・ジョコビッチ財団が行っている子供たちの支援もすることができる」と、チケット購入者に感謝の意を述べた。

この人気ぶりを受けて、主催者は観客同士の距離を1m以上の間隔を空けるなどの安全対策を図り、1000枚の追加チケットを発売することとなった。

今大会は、バルカン諸国のセルビア(ベオグラード)、クロアチア(ザダル)、ボスニア・ヘルツェゴビナ(バニャルカ)、モンテネグロの4ヵ国で開催。ジョコビッチのほか全豪オープン準優勝のドミニク・ティエム(オーストリア)やアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、マリン・チリッチ(クロアチア)らが出場を予定している。

また、開催地の一つであるクロアチアではジョコビッチのコーチを務めるゴラン・イワニセビッチも協力。「ノバク(・ジョコビッチ)から『クロアチアはどうやって参加できるか』と聞かれたので、クロアチアテニス協会に確認したよ。彼らの助けもあり、ザダルでの開催を選んだ」とコメント。「このイベントが成功することを確信している。選手そして観客は満足してくれるだろう」と語っている。

写真=山岡邦彦 Photos by Kunihiko Yamaoka