close

2021.01.25

選手情報

世界11位のモンフィスが、ティエムの元コーチを招へい!

名選手を育て上げたブレスニク氏が
モンフィスのコーチに就任!

世界ランキング11位のガエル・モンフィス(フランス)が、ドミニク・ティエム(オーストリア)をトップ選手に育て上げたギュンター・ブレスニク氏をコーチに招へいしたと、海外メディア『Ubitennis』が報じている。

【関連記事】錦織圭の今季初戦の相手はトップ10選手に決定! ATPカップで日本はロシア、アルゼンチンと同じグループ

2019年4月、ジュニア時代から約15年間に渡って指導してきた世界ランキング3位のドミニク・ティエム(オーストリア)のチームを離れたブレスニク氏。過去には、元世界1位のボリス・ベッカー氏やアンリ・ルコント氏らを指導しており、2020年シーズンは、イェジ・ヤノヴィッツ(ポーランド)と元世界10位のエルネスツ・グルビス(ラトビア)のコーチを務めていた。

昨シーズン終了後の12月には、スペインで行われたモンフィスのトレーニングにブレスニク氏が参加。「エルネスツ・グルビスやステファン・ロクビラー(オーストリアの元プロ選手)の息子と一緒にスペインでトレーニングに取り組んだ」(ブレスニク氏)と語っている。

昨シーズン、モンフィスは2月のATP250モンペリエ大会で1セットも奪われずに優勝を果たすと、続くATP500ロッテルダム大会でも1セットも失わない完全優勝。素晴らしいシーズン前半を過ごした。しかし、新型コロナウイルスによるツアー中断明けからは、4大会に出場し1勝もできず、シーズンを終えた。

モンフィスは、2月8日に開幕する全豪オープンの前哨戦である男子国別対抗戦「ATPカップ」にフランスのシングルス1として出場予定。同組には、世界ランキング3位のティエム擁するオーストリアとも対戦が予定されており、ブレスニク氏にとっては早速、教え子同士が対戦することとなる。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma