close

2021.01.24

選手情報

添田豪が新型コロナウイルス陽性を発表「現在は落ち着いています」

イスタンブール・チャレンジャー
準々決勝前に陽性が判明

1月23日、世界ランキング134位の添田豪(GODAI)は、自身のFacebookで、新型コロナウイルスで陽性となり、イスタンブール・チャレンジャーの準々決勝を棄権したことを明かした。




「イスタンブールでのQFは棄権しました。
実は木曜日のPCR検査で陽性反応が出てしまいました。
ただいまイスタンブールのホテルにて10日間の隔離をしています。
症状としては昨夜、熱が急激に上がり頭痛が酷かったですが、現在は落ち着いています。
まずは体調の回復に努めます。」(原文ママ)


【写真】2020年8月+ POWER CUP(プラスパワーカップ)」でプレーを見せた添田

添田にとって今大会は、カタール・ドーハでの全豪オープン予選に続き2大会目。1回戦で世界ランキング167位のアレハンドロ・タビロ(チリ)に6-3、6-3とストレート勝ち。続く2回戦では同155位タロン・フリークスポール(オランダ)に7-5、4-6、7-6(2)で勝利し、準々決勝に臨むところだった。

開催地トルコでは、昨年12月初旬に1日3万人の新規感染者を記録するピークを迎えていたが、徐々に減少。1月23日の新規感染者は5,856人となっている。ホテルで10日間の隔離をするという添田。早い回復を願いたい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=テニスクラシック

タグ

注⽬の記事PICK UP