close

2021.01.25

選手情報

デミノーが“悪童”キリオスを擁護「誤解されている」

キリオスは“問題児”!?
デミノーが「最も親切な一人」と擁護

世界ランキング23位のアレックス・デミノー(オーストラリア)が、現在隔離中の部屋から母国メディア『チャンネル9』の番組に出演し、同胞であるニック・キリオスについて言及。多くの人々に思われているような問題児ではないと語った。

【関連記事】ATPカップと同時期開催の全豪前哨戦2大会が主な出場選手を発表

ATPツアー開幕戦「アンタルヤ・オープン」(トルコ・アンタルヤ/ATP250)で優勝を飾り、幸先の良いスタートを切ったデミノー。現在、全豪オープンに出場するため、14日間の厳格な隔離措置の中で調整を重ねている。

その中、オーストラリアのテレビ番組『TODAY』に隔離中のホテルから出演したデミノーは、同じオーストラリアで仲の良いキリオスについて、
「ニックはツアーにいる選手の中でも最も親切な人の一人。彼は何があっても背中を押してくれるんだ」と多くの人が思っているような性格ではないとコメント。これまでコート上で見せる暴言やスポーツマンシップに欠いた行動をすることから誤解されているとした。

これまでグランドスラムで2度のベスト8入りを果たし、多くのファンを魅了するプレーを見せてきたのもキリオス。2019年末から2020年にかけて起きたオーストラリアの森林火災の時には、チャリティーイベントを企画したり、自ら財団を立ち上げ恵まれない子どもたちを支援するチャリティー活動なども行っている。

デミノーは「幸運にも彼とデビスカップに出場する機会に恵まれ、彼のことをよく知って、一緒にプレーすることができた。彼は僕に自信をくれ、ジュニアの頃からやってきたことを信じて、それを受け止めろと言ってくれた。非常に誤解されているが、親切な人で背中を押してくれる人だ」と、キリオスが励ましてくれたことを明かした。

残念ながら今年の男子国別対抗戦「ATPカップ」のメンバーに選ばれず、デミノーとの共演が無くなったキリオスだが、同時期に開催されるATP250メルボルン大会には出場予定。約11ヵ月ぶりの公式戦でキリオスがどのような姿を見せてくれるのか注目だ。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma