close

2021.02.09

大会情報

恋人を元気付けるため!? スビトリーナが書いた愛のサイン

失意の恋人を元気付けるための
サイン&投げキッス!?


全豪オープン2日目、第5シードのエリーナ・スビトリーナ(ウクライナ/世界ランク5位)は、マリー・ボウズコワ(チェコ/世界ランク50位)と対戦。6-3、7-6(5)で勝利した。見物だったのは試合後。オンコート・インタビューを受けたあと、テレビカメラへのサインを求められると、「Gael ❤︎」と書いて、投げキッスをしてみせた。

【動画】スビトリーナのサイン&投げキッス


「Gael」とは、ガエル・モンフィス(フランス)のこと。ご存知の方も多いかもしれない。スビトリーナと恋人関係にあり、「g.e.m.s.life」という2人のインスタグラムアカウントまで開設。仲睦まじい写真を度々投稿している。

今日の試合も、客席で応援していたモンフィスだが、自身は昨日の1回戦で敗戦。その試合後の記者会見で、「自信がない。この悪夢から抜け出せない」と涙ながらに苦しい思いを語っていた。憶測でしかないが、スビトリーナは、その恋人を元気付けようと書いたのかもしれない。

全豪公式Twitterは、そのサイン&投げキッスシーンを、モンフィスのアカウントを付けてツイート。すると、モンフィスは、その返信に、スビトリーナのアカウントも入れて、ハートマークを返信している。モンフィスは元気が出ただろうか!?

大会4日目、スビトリーナは2回戦で、ココ・ガウフ(アメリカ/世界ランク48位)と対戦する。勝利したら、次はなんとカメラにペンを走らせるのか!? 注目したい。




続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

関連する記事RELATED