close

2021.02.09

大会情報

プロ28年目と27年目、今も刺激し合うウイリアムズ姉妹

姉からインスピレーションを得ていると語ったセリーナ

トム・ブレイディの活躍を
「アンビリーバブル!」と称えたセリーナ


現地7日、アメリカ・タンパで行われたNFLスーパーボウルは、全豪のプレーヤーズラウンジでも放送されていたという。優勝したバッカニアーズのクォーターバック、トム・ブレイディはNFL界のレジェンド。43歳にして現役として活躍し続け、キャリア7度目の優勝となった。

「もうアンビリーバブル! 試合を見ていたんだけど、言えることは『アンビリーバブル』という言葉だけ(笑) 『信じられない!!』『アンリアル(非現実的)よ!!』と繰り返していた。トム・ブレイディだからできたことだわ」、自身の試合後の記者会見で興奮気味に語ったのは、セリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)。


【動画】セリーナ/ビーナスの1回戦ハイライト&オンコートインタビュー


ブレイディを褒め称えるセリーナだが、自身も39歳にして、トップ選手として活躍するレジェンド中のレジェンド、“GOAT(史上最高の選手)”と呼ばれる存在である。全豪オープン1回戦、ローラ・シゲムンド(ドイツ)を6-1、6-1で下したセリーナは、「観客がいるということが、常にモチベーションになっている。常にエネルギーをもらっているわ」と、観客を入れての開催となった全豪を喜んだ。だが、39歳となり、結婚し出産してもコートに戻ってくるのは、姉ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)という存在がいることも大きい。

「彼女から常にインスピレーションを得ている。彼女は、メンタル面で決してイライラはしない。常に物事の良い面に焦点を当てて見ているから、いつも笑顔なのよ。常に一生懸命にプレーしているところも素晴らしい。彼女とは、オーストラリアに到着してから2週間半、ずっと練習パートナーとして打ち合ったの。彼女と一緒にトレーニングするととても素晴らしいことなの。というのも、私のレベルをさらに上げようとしてくれるからね。非常に刺激的なのよ」とセリーナ。1回戦、「とてもとてもフィーリングが良かった」というのも、姉との練習の成果かもしれない。


続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

注⽬の記事PICK UP