close

2021.02.19

大会情報

3度目のグランドスラム準決勝も敗戦のチチパス「最初の2セットがすべてだった」

チチパス、全仏オープンに続きベスト4入りもストレートで敗戦

2月19日、全豪オープン男子シングルス準決勝で、第4シードのダニール・メドベデフ(ロシア)にストレートで敗れた、第5シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)。第3セットでは息を吹き返したようにも見えたが、試合後の記者会見で「最初の2セットで試合がすべてだった」と語った。

【動画】D.メドベデフ vs. S.チチパス マッチハイライト

前哨戦の男子国別対抗戦「ATPカップ」から無敗で今大会に臨んだチチパス。準々決勝では、2年前の同大会で完敗を喫しているラファエル・ナダル(スペイン)に対し、2セットダウンから逆転勝利を挙げている。だが、その勢いもむなしく、メドベデフとの準決勝は、試合時間2時間9分でストレートで敗れた。

しかし、見ている人にとって第3セットではチャンスもあった。先にリードを許し、1-3の場面でチチパスはブレークポイントを握られるも、これをしのぐ。すると第6ゲームで遂にブレークに成功。流れが変わったかのようにも見えた。だが、チチパスは「たいしたことではない。それまでうまくいっていたとしても試合に戻る気力はなかったと思う。最初の2セットがすべてだった」と、外から見えているほど良い流れではなかったとコメント。先に2セットダウンとしたことが問題だったとした。

これまで3度、グランドスラム準決勝したが、いまだその壁を突破できていないチチパス。それでも、「この12日間で素晴らしい思い出を作ることができた。オーストラリアでの滞在はとても楽しかったよ。14日間も部屋にいなければならなかったし、そのほかにもデメリットはあったと思う。でも、ここへの旅は最高のものだった。このような素晴らしい大会を開催してくれたみんなに感謝したい。オーストラリアは両手を広げて歓迎してくれた。ここが大好きで、家のようだ。寂しくなるね」と語った。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP