close

2021.03.19

選手情報

チチパスがオジェ・アリアシムとの熱戦を制しATP500アカプルコ大会4強!「緊張感のある試合だった」

チチパス、オジェ・アリアシムを2時間3分のフルセットで下す

3月18日、「メキシコ・オープン」(メキシコ・アカプルコ/ATP500)シングルス準々決勝、第1シードで世界ランキング5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)が、同18位のフィリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)を7-5、4-6、6-3のフルセットで下し、準決勝進出を果たした。

【動画】チチパスがベスト4進出! スーパーショット&勝利の瞬間

第1セット、開始早々にサービスゲームをブレークされたチチパスだったが、その後オジェ・アリアシムのサーブにもタイミングが合い、2度のブレークに成功。第1セットを7-5で奪う。第2セットは、オジェ・アリアシムが取り、試合はファイナルセットに突入。互いにサービスキープを続けて迎えた第8ゲーム、オジェ・アリアシムが2本のダブルフォールトをし、0-40と3本のチャンスを手にしたチチパスは、これを確実にものにして均衡を破る。最後は、チチパスがきっちりサービスキープし、フルセットの熱戦に終止符を打った。

ATPによると、試合を振り返ってチチパスは「両者にとって緊張感のある試合だった。2人とも素晴らしいテニスをしたね。僕のツアーの歴史に残る良い試合だったし、フィリックス(オジェ・アリアシム)とのライバル関係を発展させ、このような戦いがあるだろう」とコメントしている。

準決勝では、初戦で第3シードのディエゴ・シュワルツマン、準々決勝で第5シードで世界16位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)を破った世界120位のロレンゾ・ムゼッティ(イタリア)と対戦する。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP