close

2021.03.22

選手情報

大坂なおみはマイアミOP第2シードで2回戦から登場。初戦は世界75位か77位

全豪OP後、1ヵ月ぶりの公式戦出場
昨年8月から続く連勝を伸ばせるか

3月23日に開幕する「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/WTA1000)は22日、女子シングルスのドローを発表。全豪オープンを制し、世界ランキング2位に位置している大坂なおみ(日清食品)は、第2シードに入った。

【ドロー】マイアミ・オープン 女子シングルス

今大会は、グランドスラムに次ぐグレードのWTA1000となっており、トップ選手が軒並み出場。世界7位のセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)が欠場を発表したものの、トップ20から19選手が名を連ねた。

シード勢は1回戦が免除され、2回戦から登場。全豪オープンでグランドスラム4勝目を果たし、昨年8月から21連勝中(棄権を除く)の大坂は、第2シードに入り、世界75位のアナスタシア・ポタポワ(ロシア)と同77位のアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)の勝者と対戦する。

順当に勝ち上がると、大坂は3回戦で第26シードのユリア・プチンツェワ(カザフスタン)、4回戦で第16シードのエリーゼ・メルテンス(ベルギー)、準々決勝で第6シードのカロリーナ・プリシコワ(チェコ)、準決勝で第4シードのソフィア・ケニン(アメリカ)と対戦することとなった。

また、世界83位の日比野菜緒(ブラス)も本戦から出場となり、初戦は予選勝者と対戦。勝利すれば、グランドスラム3勝を誇る第24シードのアンゲリーク・ケルバー(ドイツ)と対戦する。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP