close

2021.03.22

選手情報

大坂なおみは変わらず2位をキープ。23日開幕のマイアミOPに第2シードとして出場

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

SHARE

  • 著者をフォローする
  • 記事を保存

大坂なおみは2位を維持。土居が76位、日比野が83位にランクイン

3月22日、WTAは世界ランキングを更新し、大坂なおみ(日清食品)は、前週と変わらず2位をキープ。土居美咲(ミキハウス)は1つ下げて76位、日比野菜緒(ブラス)は2つ下げて83位となっている。

【画像】WTAシングルスランキングTOP20+日本人300位以内(3/22付)


全豪オープン以降、大会への出場のない大坂は変わらず2位を維持。1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と、1,351ポイント差となっている。今週23日より開幕する「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/WTA1000)に、大坂は第2シードとして出場予定。2019年8月以来となる世界1位へ向け、その差を縮めることができるか。土居は出場大会がなく、ランキングを1つ落とし、76位に。「GNPセグロス・オープン」(メキシコ・モンテレイ/WTA250)第9シードの日比野は、フルセットで敗れ、初戦敗退。ランキングを2つ落とし、83位となっている。

また、先週行われた「GNPセグロス・オープン」を制し、今シーズン2勝目を挙げたダリア・カサトキナ(ロシア)が42位へ、「サンクトペテルブルク・レディース・トロフィー」(ロシア・サンクトペテルブルク/WTA250)でツアー初優勝を果たした18歳、レイラ・フェルナンデス(カナダ)が72位へジャンプアップしている。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP