close

2021.03.23

選手情報

元世界3位のデルポトロがヒザの再手術を決断。東京五輪出場は諦めない!

デルポトロが東京五輪出場へ再手術を決断!
2大会連続でメダルを獲得


3月22日、元世界ランキング3位のファン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)が、ヒザの再手術を受けることを明かした。

【動画】再手術を決断したデルポトロがファンにメッセージ

デルポトロは、2018年10月に右ヒザ膝蓋骨骨折をすると、復帰後の2019年6月に再び同箇所を怪我。昨年も2度の手術を行っており、約1年9ヵ月もの間、実戦の場から遠ざかっている。

現在、アメリカ・シカゴに滞在しているというデルポトロは、自身のSNSを通じ、「明日、再びヒザの手術を受けることになった。保存療法を試みたが、まだ痛みが残っている。私がオリンピックに出場したいことを医師は知っており、できるだけ早く手術をすべきだということで合意した」と、東京五輪出場を果たすべく、痛みを取り除く再手術をすると明かした。デルポトロは、2012年のロンドン五輪では銅メダルを、2016年のリオデジャネイロ五輪では銀メダルを獲得している。

また、「もちろん、この数週間は僕にとって簡単ではなかった。父が亡くなってから何もかもが大変だったんだ。でも、父が天国から送ってくれる強さも感じている。僕はもう一度頑張らなければならない。この状況を乗り越えられるよう、努力を続けるよ」とも綴った。

これまでヒザのケガのほか、両手首を何度も手術するなど、故障に泣かされてきたデルポトロ。不死鳥のように復活する姿を今回も見せてほしい。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=石塚康隆 Photos by Yasutaka Ishizuka

注⽬の記事PICK UP