close

2021.03.24

選手情報

大坂なおみ、1ヵ月ぶりのツアーに「プレッシャーはない」。初戦は世界77位に決定

大坂なおみが3回戦を突破できない鬼門・マイアミに挑む

3月23日、世界ランキング2位の大坂なおみ(日清食品)が、「マイアミ・オープン」(アメリカ・マイアミ/WTA1000)の記者会見に臨み、1ヵ月ぶりのツアーに「プレッシャーは感じていない」と語った。

【ドロー】マイアミ・オープン女子シングルス

昨年8月から続く連勝記録(棄権を含まず)を21に伸ばし、グランドスラム4勝目となる全豪オープン優勝を果たした大坂。だが、同大会にこれまで4度出場するも、3回戦を突破したことはない。それでも、「守りに入っているわけではないからプレッシャーは感じていない。今まで2週目に行ったこともないし、楽しさやワクワクがある。自分がどれだけできるか試してみたい」とコメント。

また、「フロリダに戻ってきて、この大会に出場するのは楽しい思い出があるわ。姉と公共コートでプレーしたからこそ、何時間もプレーすることをいとわなくなったのだと思う。本当に楽しい時間だった」と、今月初めに引退を発表した姉のまりさんとの思い出を口にした。

今シーズン行われたツアー13大会で、すでに12人が優勝。群雄割拠のWTAツアーになっている。大坂は、「女子テニスのレベルは本当に上がっている思う。外から見ると、それが偶然に見えるかもしれないけど、誰もが勝つ能力を持っていて、チャンスがある」と、選手の能力が上がってきているとした。

今大会、第2シードに入った大坂は2回戦から登場。相手は、世界77位のアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)に決まった。トムヤノビッチは、昨年のツアー再開後に勝利を挙げることができず、ランキングを下げたが、最高ランキングは39位。今年の全豪オープンでは、世界3位のシモーナ・ハレプ(ルーマニア)に6-4、4-6、5-7と接戦を演じている。

全豪オープン以来、1ヵ月ぶりのツアーで大坂は、どのようなプレーを見せてくれるのか期待がかかる。

続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員に登録すると、記事全てが読み放題。
記事保存などの便利な機能、プレゼントへのご招待も。

いますぐ登録

写真=田沼武男 Photos by Takeo Tanuma

注⽬の記事PICK UP